<囲碁>中国人工知能、日本人工知能に続き七段囲碁棋士も破る

<囲碁>中国人工知能、日本人工知能に続き七段囲碁棋士も破る

2017年03月29日10時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国を代表するIT企業テンセントが作った人工知能(AI)プログラム「絶芸」が日本のトップ棋士を破った。

  26日、毎日新聞によると、この日東京都内で打たれた第5回電聖戦で、絶芸が日本の一力遼七段を破った。この日の人間対AIの対決は中国ランキング1位の柯潔九段が解説を務めた。

  絶芸は今月19日に行われた「第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会」(電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション主催)決勝で、日本の囲碁AIプログラム「DeepZenGo」を下し優勝した。

  絶芸はテンセントが昨年2月に開発に着手した人工知能で、自ら学習する能力を備えている。絶芸はことし朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(韓国)との対局で9勝3敗、柯潔との対局では13勝3敗を記録している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事