天気が味方してくれれば…セウォル号、来月4~5日に引揚げも(2)

天気が味方してくれれば…セウォル号、来月4~5日に引揚げも(2)

2017年03月21日15時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  この際、重要なのは重心だ。セウォル号内部の貨物位置が分からず、どこが一番重いのか予想が困難だ。一歩間違えれば、引き揚げる途中でバランスを失って失敗するおそれがある。上海サルベージは試験的にセウォル号船体を1~2メートル持ち上げて各ワイヤーにかかる負荷を測定する計画だ。海洋水産部のイ・チョルジョ・セウォル号引揚げ推進団長は「船体の重心が分かれば、各ワイヤーが持ち上げる重さを精密に振り分けることができる」と話した。実際の引き揚げには丸一日かかるものとみられる。チャン・ギウク・セウォル号引揚げ推進課長は「油圧式ジャッキはシャーペンの芯を1ノックずつ出すように、ワイヤーを徐々に巻いては止めるという手順を繰り返す」とし「セウォル号の船体が水面から13メートルほど吊り上げられるまでワイヤーを巻き上げていく」と説明した。

  水の外に引き揚げられたセウォル号は近くで待機している反潜水式船舶に移される。海の下に沈んでいる半潜水艇の胴体がセウォル号の下に入って船体を支える。その後、船体を半潜水艇に固定した後、セウォル号内にある水と油を取り出す。内部の水・油の排出作業が完了したら、87キロ離れた木浦新港まで移動する。チャン課長は「引揚げからセウォル号を木浦新港に下ろすまでの期間は、すべての条件が整ったと仮定した場合、約13日」としながら「突発変数が多いため、20日以上かかる可能性もある」と述べた。

  変数は天気だ。引揚げ作業は満潮時と干潮時の潮位の差が最も小さく、水流が穏やかになる小潮にしかできない。あわせて3日連続で波の高さが1.5メートル、風が秒速10.8メートル以下でなければならない。次の小潮にあたる来月4~5日に引揚げを行う可能性が高い。今月19~22日も小潮だったが、波が高くなることが予想されたため海洋水産部は引揚げを断念した。4月に入っても気象条件が整わない場合、引揚げ作業が延期される可能性がある。

  セウォル号ほどの重さ(堆積物を含め約1万トン推定)の船舶をタンデム・リフティング方式で引き揚げようとしていることも懸念のひとつだ。チャン課長は「セウォル号級の船舶をタンデム・リフティングで引き揚げることが世界で初めてで、上海サルベージ以外に関連技術を保有した専門家と交渉して作業を進めている」と述べた。

天気が味方してくれれば…セウォル号、来月4~5日に引揚げも(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事