ソウル市、無人軽電鉄時代が目の前に…7月に開通予定

ソウル市、無人軽電鉄時代が目の前に…7月に開通予定

2017年03月03日16時44分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
電車外部の全景。(写真=ソウル市)
  今年7月末、ソウルに初めて軽電鉄が開通する予定だ。

  ソウル市は1日、初めて導入される軽電鉄牛耳新設(ウイ・シンソル)線13駅名を決め、開通準備に拍車をかけていると明らかにした。ソウル市で初めて導入される軽電鉄は江北区(カンブッグ)牛耳洞から東大門区(トンデムング)新設洞まで計11.4キロメートル区間で、2両編成の列車が無人で運行される予定だ。

  牛耳新設線は現在、すべての区間で土木構造物の工事を済ませている。現在、無人運営のための信号・通信工事、駅舎エレベーター・キャノピー、乗り換え通路、内部の建築など仕上げ工事が行われている。ソウル市はすべての工事を4月上旬に完了する計画だ。

  ソウル市は昨年9月から全区間にかけて車両試験運転を行っている。4月からは安全性検証の最後の関門といえる交通安全公団の鉄道総合試験運行も計画していると伝えた。

  ソウル市のユン・ジュンビョン都市交通本部長は「ソウルの軽電鉄時代を切り開く『牛耳新設軽電鉄』が安全でかつ成功的に運営されるように事前開通準備に力を注ぎたい」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事