サムスン物産、ファッションブランド「KUHO」で海外事業を拡張

サムスン物産、ファッションブランド「KUHO」で海外事業を拡張

2017年02月13日14時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン物産ファッション部門のレディースブランド「KUHO」が海外事業の拡張に拍車をかけている。

  KUHOは11日(現地時間)、米国ニューヨーク・マンハッタンのヴァリック・ストリートにあるスプリングスタジオで今年のF/Wシーズンのプレゼンテーションを行ったと12日、明らかにした。実用的なファッションを重視するニューヨークの傾向に合わせ、コレクションでないプレゼンテーションを選んだ。この日のイベントにはファッション・ジャーナリストのスージー・メンケス氏などグローバルのファッション関係者300人余りが参加した。KUHOは24日までにニューヨーク法人にショールームを設置し、バイヤーやマスコミ関係者を招いて世界のファッション市場にブランドを紹介する予定だ。昨年9月、ニューヨークに本格的に進出したKUHOは、米国「ノードストロム」や中国「レーンクロフォード」などのデパート、カナダの海外通販サイト「エスセンス」とも入店契約を結んだ。

  フランス・パリにも歩幅を広げる計画だ。KUHOは3月、パリのファッション・ウィークの間、パリ事務所にショールームをオープンして欧州地域のバイヤーを対象にマーケティングを進める。

  KUHOは1997年、デザイナーのチョン・クホ氏が作ったブランドだ。その後、李敍顕(イ・ソヒョン)社長が主導して2003年、サムスン物産(当時、第一毛織)が買収した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事