マラリアを15分で判別、3D義足…世界を駆ける韓国のスタートアップ(1)

マラリアを15分で判別、3D義足…世界を駆ける韓国のスタートアップ(1)

2017年01月04日10時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  マラリア、蚊に刺されて発生する急性熱性伝染病だ。毎年60万~70万人がこの病気で死亡する。死亡者の90%がアフリカと東南アジアなど開発途上国に集まっている。治療するには早期診断が重要だ。診断は顕微鏡でするが、1時間ほどかかる。だが韓国のスタートアップ「ノウル」が開発したモバイル装置を使えばわずか15分で結果がわかる。同社のイ・ドンヨン共同代表は「既存製品より検査方式が速く手軽だ」と胸を張る。イ代表はソウル大学バイオメディカル研究院出身で、アフリカのマラウイで1年間ボランティア活動をした。この時、第三世界を助けられる方法を考え、高校の同窓生のイム・チャンヤン代表とともに会社を作った。目標は「マラリア救済」とした。彼らはカンボジアの農村に通いマラリア診断キットを供給する。

  ノウルはモバイル診断キットのおかげで昨年6月にニューヨークの国連本部で開かれた「国連科学技術革新フォーラム」で「注目される15のイノベーター」に選ばれた。これに先立ち政府無償援助専従機関である韓国国際協力団(KOICA)は2015年に「創意的価値創出プログラム(CTS)」の1期チームとしてノウルを選定した。総額3億ウォンを支援し試作品の完成を助けた。

  この数年で青年創業は大幅に増加した。多様なアイデアを持つ創業家が個性の強いスタートアップを設立している。この中には既存の創業者と別の方向から社会を見つめる人たちもいる。韓国ではなく海外、それも第三世界がメイン市場だ。アイテムも格別だ。社会とともに成長できる独特のアイデアを持って創業する。会社設立目的自体が第三世界の社会的弱者支援だ。

  オービッツコリアはバングラデシュに超小型視力検査機を普及させる。正しい視力検査を定期的に受けられず苦痛を受ける人口が第三世界だけで3億人もいる。オービッツコリアのキム・ジョンユン代表は「高額製品では社会的弱者の問題を解決しにくいという考えから創業した」と話した。既存の検査機価格は1500万ウォンに達する。オービッツコリアでマネージャーを務めるイ・ソンミン氏は「試作品までできた状態だが、われわれは既存製品価格の10分の1以下で供給しようと考えている」と話した。

  ヒルセリオンはベトナムに携帯用超音波探知機を提供中だ。大型病院がない辺境の地で活用でき、妊娠女性診断に大きな助けになる。ベトナムで7000カ所に達する医療機関に製品を供給中だ。ヒルセリオンのリュ・ジョンウォン代表は「ベトナムの保健所を中心に普及中であり、看護士と地域保健スタッフに使用法を教えている」と説明した。

  ドットのキム・ジュウン代表は点字時計を作ってアフリカに供給する計画だ。アフリカだけで1160万人の視覚障害者がいる。キム代表はケニアを中心に低価格型スマート点字時計を提供して生業を助けることを希望する。

  ジェユンはモロッコで結核退治に出た企業だ。彼らが準備した製品はスマート薬箱だ。モロッコは結核再発率が高い国だ。結核は最初の6カ月間にしっかりと薬を服用しなければ完治しない。服用率が落ちれば再発して治療が難しくなる。ジェユンが準備したスマート薬箱は結核患者に治療薬服用時期をリアルタイムで教える。薬箱のおかげで服用率が高まるとモロッコ政府も積極的にジェユンの製品を導入中だ。

マラリアを15分で判別、3D義足…世界を駆ける韓国のスタートアップ(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事