<野球>日本メディア「FA左腕投手の梁ヒョン種、横浜と契約」

<野球>日本メディア「FA左腕投手の梁ヒョン種、横浜と契約」

2016年12月09日16時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、起亜)(中央フォト)
  自由契約(FA)資格を取得した左投げ投手・梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、28)が日本プロ野球の横浜DeNAベイスターズと契約したと、現地メディアが報道した。

  日本のデイリースポーツは9日、「横浜が梁ヒョン種を獲得することになった。梁は最速152キロを誇る本格派左腕で、15年には最優秀防御率を獲得し、今季まで3年連続2桁勝利を達成するなど通算87勝した」と紹介した。

  2007年に起亜タイガースのユニホームを着てプロデビューした梁ヒョン種は今季まで通算305試合に登板、1251イニング1/3を投げ、通算87勝(60敗)、9ホールド、防御率3.95をマークした。今季は31試合に登板して200イニング1/3を投げ、10勝(12敗)に終わったものの防御率は3.68だった。

  デイリースポーツは「FAで巨人に移籍した山口の穴を十分に埋められる存在」とし「横浜は大物左腕の加入で、19年ぶりの優勝を狙う来季の戦力図が整った」と評価した。

  横浜は横浜スタジアムをホーム球場とするセントラルリーグの球団で、1960年と1998年に日本一になっている。今季セリーグ3位(69勝71敗3分けで)でポストシーズンに進出した横浜は、クライマックスシリーズのファイナルステージで広島に1勝4敗で敗れた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事