駐中米国大使に習近平氏の「30年来の旧友」ブランスタッド氏(1)

駐中米国大使に習近平氏の「30年来の旧友」ブランスタッド氏(1)

2016年12月09日11時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
副主席時代の2012年、ワシントン訪問の際にアイオワ州を訪れてブランスタッド州知事と面会した習近平氏。(写真=中央フォト)。
  ドナルド・トランプ次期米大統領が駐中米国大使に習近平国家主席の「30年来の旧友」を内定した。トランプ氏は7日(現地時間)、声明を通じて「テリー・ブランスタッド・アイオワ州知事(70)は長年の公職経験とともに習主席および中国の指導者と長い間親交を深めており、非常に理想的な米国大使になるだろう。ブランスタッド氏は米国の利益と両国の互恵発展に大きな役割を果たしてくれるだろう」と明らかにした。ブランスタッド氏は1983年から99年まで、そして2011年から現在まで計20年以上アイオワ州知事を務めている共和党の大物だ。

  習主席(63)との縁は85年から始まった。当時32歳で河北省正定県の書記だった習氏は石家荘食品協会のトップとして畜産業代表団を率い、ベンチマーキングのためアイオワ州の地方を視察しに来た。自らマスカティーン・カウンティの一般家庭に2日間宿泊して野球観戦もしたという。習氏は当時出会ったブランスタッド氏と意気投合したと伝えられている。アイオワ州は米国の豆・とうもろこしの代表的な生産地で、州面積の90%が農業と関連がある。

  習氏はその後もブランスタッド氏との交流を続け、副主席時代の2012年2月に再びアイオワを訪れた。主席就任を1年後に控え、すでに次期指導者として内定している状況だった。ワシントンでバラク・オバマ大統領、ジョー・バイデン副大統領に会う日程だったが、わざと「米国の辺境地」にも足を運んだのだ。ブランスタッド氏とともにマスカティーンを訪れて17年前に会った住民の名前を一つ一つ挙げて歓談を交わした。そうして遂行した中国企業等にアイオワ州の穀物大企業と1200万トン以上の豆購入を契約させる器の広い大きなプレゼントを贈った。金額にして43億ドル(約5000億円)に達する。4カ月後の同年6月、ブランスタッド氏が中国を訪問すると、国賓級のもてなしで彼を迎えた。ブランスタッド氏はアイオワ州農産物の最大輸入国である中国を過去7年間で4回訪問した。

  このような縁でブランスタッド氏はトランプ氏当選以降、次期駐中大使候補として有力視されてきた。トランプ氏は6日、ニューヨークのトランプタワーでブランスタッド氏を呼んで習氏と直取引が可能な人物であることを確認した後、人選を確定した。ブランスタッド氏は習氏だけでなく指導部の核心人物とも相当な懇意であることが伝えられた。ただし、ブランスタッド氏は自由貿易擁護者だ。大統領選挙1カ月前のインタビューでも「誰が大統領になっても市場を開放していくよう求めていく」と強調していた。トランプ氏が反対の立場を明確にした環太平洋経済連携協定(TPP)に対しても賛成の立場を取っている。

駐中米国大使に習近平氏の「30年来の旧友」ブランスタッド氏(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 副主席時代の2012年、ワシントン訪問の際にアイオワ州を訪れてブランスタッド州知事と面会した習近平氏。(写真=中央フォト)。
  • 1985年、習一行のアイオワ訪問を報じた地元紙マスカティーン・ジャーナル。「中国訪問団が熱い歓迎を受けた」と伝えた。(写真=中央フォト)