去就を国会に任せた朴大統領…野党「弾劾強行」

去就を国会に任せた朴大統領…野党「弾劾強行」

2016年11月30日09時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴大統領が29日午後、青瓦台春秋館で3回目の国民向け談話を発表した後、退いている。朴大統領はこの日、「大統領職任期短縮を含む進退問題を国会の決定に任せる」とし「その日程と手続きに従って大統領職から退く」と述べた。
  一瀉千里に進行していた国会の朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾の動きに変数が突出した。朴大統領が29日に発表した3回目の国民向け談話で、国会が決めれば任期を短縮すると宣言したためだ。朴大統領はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館で「私の大統領職任期短縮を含む進退問題を国会の決定に任せる」とし「与野党が議論し、国政の混乱と空白を最小化し、安定的に政権を移譲できる案を作れば、その日程と手続きに基づいて大統領職から退く」と述べた。

  朴大統領は「私はもうすべてを手放した」とし「一日も早く大韓民国が混乱から脱して本来の軌道に戻ることを願うだけ」と話した。8日に首相指名権を国会に譲った朴大統領が、今度は自身の去就自体を国会にそのまま渡すという勝負に出た。

  朴大統領のこの日の発表は外形上、各界の元老と親朴(朴槿恵)派重鎮の「秩序ある退陣論」を受け入れた姿だ。朴寛用(パク・グァンヨン)元国会議長、李洪九(イ・ホング)元国務首相など元老20人は27日、▼朴大統領の来年4月退陣▼挙国中立内閣の構成▼改憲などを骨子とした政局収拾策を提示した。与党セヌリ党の徐清源(ソ・チョンウォン)議員など親朴派の核心も28日の非公開会合で「朴大統領に秩序ある名誉な退陣を建議しよう」という方向で意見をまとめ、許元斉(ホ・ウォンジェ)青瓦台政務首席秘書官に伝えた。

  青瓦台の関係者は「朴大統領は弾劾で発生する国家的混乱を避けるためには国会が定めた日程に合わせて退陣するのが最善という判断をした」とし「具体的な退陣日を決めなかったのは、日にちを決めればなぜその時期かという声が出てくるしかないため国会に一任した」と説明した。

  この日、朴大統領の談話は一時「弾劾連帯」を揺さぶった。野党と弾劾推進に乗り出したセヌリ党非朴派議員に動揺が見られた。非朴派議員からなる非常事態会議では談話発表後に激論があった。会議後、黄永哲(ファン・ヨンチョル)議員は「ひとまず与野党は速やかに大統領早期退陣交渉に臨み、来月9日までに合意しなければ弾劾を先送りしてはいけない」と述べた。

  しかし来月2日の弾劾案発議を準備してきた野党は退陣交渉を拒否した。共に民主党は大統領の談話の後、議員総会を開き、「国会を相手に混乱を誘導した大統領の意図は決して貫徹しないだろう」(奇東旻院内報道官)とし、弾劾推進を強行するという立場を整理した。国民の党の朴智元(パク・ジウォン)非常対策委員長も「大統領が国会の決定に従うというのは現在の(親朴派)与党指導部とはいかなる合意もできないという計算をしたものだ」とし「大統領のずるい政治を糾弾し、セヌリ党議員らと弾劾を推進する」と明らかにした。民主党と国民の党は議員総会で12月2日に弾劾案を処理することにしたが、非朴派の立場を勘案し、30日に野党3党代表が集まって時期を決めることにした。

  非朴派の相当数が弾劾推進から離脱すれば野党3党議員と無所属議員(172人)だけでは弾劾定足数(200人)を満たすのが難しくなる。親朴派は改憲を要求する声を高めていて、弾劾政局の不確実性はさらに深まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事