米国で慰安婦決議案を主導してきたマイク・ホンダ氏が落選

米国で慰安婦決議案を主導してきたマイク・ホンダ氏が落選

2016年11月11日08時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
マイク・ホンダ氏
  米国連邦議会で韓半島(朝鮮半島)に関連する議題を活発に推進してきた知韓派議員の一部が8日(現地時間)、選挙で落選した。2000年から下院議員を務めてきた代表的な知韓派マイク・ホンダ氏(民主、カリフォルニア)はついに9選の夢をかなえることができなかった。

  9日、米紙ロサンゼルス・タイムズによると、ホンダ氏は今回の選挙で得票率41.5%を獲得し、同じ民主党所属のロ・カナ候補(58.5%)に17%ポイントの差をつけられ敗れた。カリフォルニア州現役議員のうちではマイク氏が唯一の落選者となった。

  2007年に慰安婦問題に対する日本政府の謝罪と補償を要求する下院決議案(H.R.121)の採択を主導するなど、ホンダ氏は米国の韓国人社会と韓国関連懸案に関心を寄せてきた。このため、現地韓国人も加勢して選挙運動を後押しした。だが、最近、選挙資金問題で議会の調査を受けたマイク氏に対し、ライバルのロー・カンナ氏が積極的な活動で住民に親しみやすい印象を残すことに成功して勝敗が交錯したと現地メディアは伝えた。

  上院では在米韓国人と北朝鮮内家族の間の離散家族対面問題に高い関心を寄せてきたマーク・カーク氏(イリノイ)が落選した。知韓派議員の集りである「コリア・コーカス」の共同議長である民主党ジェリー・コノリー(バージニア)、ロレッタ・サンチェス(カリフォルニア)各下院議員もそれぞれ明暗が交錯した。韓米同盟強化を主張してきたコノリー氏は87.6%の得票率で余裕の当選を果たしたが、10選下院議員のサンチェス氏は上院議員に挑戦しようとして失敗した。このほか、コリア・コーカスの会員である共和党上院議員のジョニー・アイザックソン氏(ジョージア)、ジョン・ブーズマン(アーカンソー)氏もそれぞれ3選と再選を果たした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事