<朴大統領秘線>「大統領、自分の過ちにはあまりにも寛大」「熱血支持者だったがやめた」

<朴大統領秘線>「大統領、自分の過ちにはあまりにも寛大」「熱血支持者だったがやめた」

2016年10月26日13時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  崔順実(チェ・スンシル)氏(60)が朴槿恵(パク・クネ)大統領の演説文を事前に受けていたという事実に市民は衝撃を受けている。朴大統領は25日に謝罪したが、十分ではないという反応が多い。会社員のイさん(37)は「結局、報道の内容は正しかった。個人の細かい感情を国政運営に介入させたという話と理解できる。誰のための謝罪なのか、何のための謝罪なのか、全く分からない」と述べた。

  公企業職員のソンさん(36)は「他の疑惑については一言半句もなく演説文関連の内容だけに言及して謝罪し、誠意が見えなかった。謝罪文も崔氏が検討したのではという考えになった」とも語った。

  大企業の部長というキム・スンスさん(45)は「2年前のチョン・ユンフェ事件当時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)文書流出を国基紊乱行為といった大統領が、自分の過ちにはあまりにも寛大だ」と指摘した。

  朴大統領を支持してきた人たちも失望している。中小企業役員のハンさん(49)は「ニュースを見た直後に支持を撤回した。これまでなんとか我慢してきたが、国の姿が本当に見苦しい。熱血支持者だったが完全に気持ちが離れてしまった」と語った。

  出版業界に従事するチョさん(39)は「カカシを信じて田んぼに出て行かず、稲をすべて鳥に奪われた農夫になった気分」とし「結局は国民が怠け者の農夫だったのではと自分を責めてしまう」と吐露した。

  会社員のカンさん(25、女性)は「社会に第一歩を踏み出したばかりだが、一連の事態を見ると、この国で自分が頑張って働いたところで成功できるのだろうかと疑問を感じる。今でもうまく列に並んで力がある人と縁ができてこそ成功できる国だというのが恥ずかしい」と語った。

  オンライン上でも激しい言葉が続いた。主要ポータルサイトには「弾劾」「下野」などの言葉がリアルタイム検索語順位の上位を占めた。あるツイッター利用者は「朴大統領と崔氏は完全に国民を冒とくした。国と国民の自尊感に与えた傷の大きさは庚戌国恥(韓国併合)ほど大きい」というコメントを載せた。別のツイッター利用者は「弾劾が現実的に不可能でもこれをずっと話していくべきだ」と書いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事