【コラム】親とお金が実力だから、絶望しているのだ=韓国

【コラム】親とお金が実力だから、絶望しているのだ=韓国

2016年10月24日13時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  正確な日は思い出せないが2000年代初めだったと思う。ある日、今は故人となったチョン・ウニョン当時中央日報論説委員(1944~2005)と食事を共にする機会があった。同じ会社にいながらもなぜか近づきにくくて一言も声をかけられずにいたが、せっかくの機会なので普段スポーツ部バレーボールの担当記者として気になっていたことを思い切ってぶつけてみた。「チョン委員、背が非常に高いですが、学生時代はひょっとしてバスケットボール部やバレーボール部から入部の勧誘を受けたことはないですか」。

  チョン委員の身長は190センチにもなろうかという程だった。同席者の表情からは「あいつは何を聞いているのだ」と怪しむ雰囲気が読み取れた。ところが当のチョン委員は「この話を一度したいと思っていたんだが」と言って話し始めた。「学生時代は運動部からの勧誘が本当に多くて逃げ回っていた。たまに殴られもした」。もしチョン委員がその時に運動を始めていたら大韓民国経済学界にとっては損失になっただろうが、大韓民国体育史は今とはまた違うものになっていたかもしれない。

  中・高校バレーボール部の監督やコーチから「どこどこに身長2メートルに近い子がいてこれこれこういう手を使って連れてきて運動をさせた」という武勇談を聞いたことが何度かある。私たちが熱狂したスポーツスターのうち、このようにして運動を始めたケースが結構ある。バスケットボールやバレーボールは言うまでもなく、サッカーや野球でも身長のある選手は引っ張りだこだ。スポーツで恵まれた身長など好体格条件は重要な「実力」だ。このような事実はことさら隠したり否定したり」する必要はく、そうすることもない。

  20歳の女性乗馬選手チョンさんがいる。手綱を初めて握ったのは4歳の時だが本格的な乗馬選手への道は高校2学年の2013年に入ってからだった。声楽家を夢見て芸術系の中学校を通っていたチョンさんは、乗馬選手としてスタートしてから1年で2014年仁川(インチョン)アジア競技大会馬場馬術総合で団体戦金メダルを獲得した。金メダルのおかげでチョンさんは体育特技生として名門大学にも入った。

  すべての過程が順調だったわけではない。チョンさんが出場した乗馬大会(2013年4月韓国馬事会カップ)で判定争いが起きた。警察がすぐに動いて審判など大会関係者たちに事情聴取を行った。これに関して大韓乗馬協会の内外でうわさが飛び交った。今回は文化体育観光部が前に立って乗馬協会の内部を徹底的にえぐりだした。一部構成員の総入れ替えが行われた。その過程でチョンさんは「乗馬界の姫」というニックネームまでつけられた。

  美しくない視線がチョンに向けられた。チョンさんのほうでもそれに気づかないわけがなかった。本来、姫というのは孤独だ。ソーシャルメディアのコメントを通じてその怒りを吐露した。「…能力がないならあなたたちの親を恨みなさい。私の親に対してああだこうだ言うのではなく。お金も実力のうち…」。このコメントはたくさんの人々を絶望させた。韓国人たちが一生懸命隠そう、否定しようとしていた「実力」についての真実をズバリ突いているからだ。

  親が「実力」であり、お金が「実力」であるということを、はからずもその「実力者」が腹立ちまぎれに公開してしまった。アジア競技大会金メダルも、卓越したコーナリングも真の「実力」を隠すための目くらましなのだという疑いは妥当だ。そういえば遺伝的要因に影響を受ける高い身長も、もしかしたら「親が実力」というもう一つの証拠かもしれない。

  チャン・ヘスJTBCデジタルニュースルーム部長
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事