米控訴裁「サムスン電子、アップルに1億2000万ドル賠償を」

米控訴裁「サムスン電子、アップルに1億2000万ドル賠償を」

2016年10月08日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米ワシントンの連邦巡回区控訴裁判所は7日、アップルがサムスン電子を相手に提起した特許権訴訟で2審の判決を覆し、アップル勝訴判決を出した。

  裁判所はこの日、サムスン電子がスライドロック解除や単語自動完成機能などアップルの特許を侵害したと判断されるとし、サムスン電子がアップルに1億1960万ドル(約120億円)を賠償するよう命じた。

  この訴訟は2012年2月始まり、1審ではアップルが、2審ではサムスン電子が勝訴し、今回の3審で連邦巡回区控訴裁は最終的にアップルに軍配をあげた。

  サムスン電子はこれとは別に昨年12月、隅が丸いデザインなどの特許を侵害したという判決でアップルに5億4800万ドルを支払い、うち3億9900万ドルについては11日に上告審判決を控えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事