<野球>KBOリーグ、韓国プロスポーツ初の観客800万人時代が目前に

<野球>KBOリーグ、韓国プロスポーツ初の観客800万人時代が目前に

2016年09月27日14時07分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国プロ野球KBOリーグが韓国プロスポーツ初の観客800万人時代を迎えようとしている。
  韓国野球委員会(KBO)リーグが韓国プロスポーツ史上初の観客800万人時代を目前に控えている。

  2016、タイアバンクKBOリーグは26日までの累積観客796万5177人(平均1万1645人)を記録した。今後、さらに3万4823人が球場に足を運べば待望の観客800万人時代を迎えることになる。大田(テジョン)、光州(クァンジュ)、釜山(プサン)、昌原(チャンウォン)で4試合が開かれる27日がそのD-DAYになる可能性が高い。

  KBOリーグはことし夏季オリンピック(五輪)や猛暑、八百長疑惑をはじめ、興行への悪材料となるくらいの壁に何回もぶつかった。しかし、サムスンのホーム球場である大邱(テグ)サムスンライオンズパークとネクセンのホーム球場である高尺(コチョク)スカイドームが観覧席の規模を拡大して再オープンしながら集客効果をあげることができた。第9球団と第10球団のNCとktが昨年に比べてより多くのファンを集めたことも観客数底上げの一助となった。

  ことしは特に、10球団すべて観衆数の底上げに成功した。レギュラーシーズンの優勝チーム斗山(トゥサン)ベアーズが111万2852人で最多観衆を呼び集め、斗山と蚕室(チャムシル)球場を一緒に使っているLGツインズも総観客数109万6440人を記録した。KBOと各球団は800万人を突破した瞬間、球場の電光掲示板に選手たちが感謝の挨拶を述べる映像を上映する考えだ。

  KBOリーグは1982年総観客143万人で出発した。その後、1995年に500万、2011年600万、2012年700万人をそれぞれ突破した。そしてついに800万人突破を目の前にしている。KBOリーグの成功時代だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事