中国、北朝鮮に核物資輸出した馬暁紅代表を逮捕

中国、北朝鮮に核物資輸出した馬暁紅代表を逮捕

2016年09月22日10時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
遼寧鴻祥集団の馬暁紅代表
  北朝鮮に核物資を販売するなど中朝交易の核心窓口である遼寧鴻祥集団の馬暁紅代表(44)が中国公安に逮捕されて重大経済犯罪容疑で取り調べを受けている。中国外交部の陸康報道官は20日、「該当企業は現法により経済犯罪などの違法行為に対して調査処理を行っている」と明らかにした。これに先立ち、米司法省所属の検事が北朝鮮が5回目の核実験(9日)を断行する前の先月、北京を2度訪問し、中国当局者に馬代表の犯罪行為を知らせたとウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が19日、報じた。米司法省は早ければ今週にも北朝鮮に財政支援を提供した容疑で鴻祥集団に対する司法措置方針を発表する予定だ。

  中国政府は、最近、馬代表とその親族が保有している資産の一部を凍結した。18日には不正選挙容疑により馬代表の遼寧省人民代表(国会議員格)資格を剥奪した。峨山(アサン)政策研究院と米国安保シンクタンクである国防問題研究センター(C4ADS)は、19日に発表した報告書で、鴻祥集団がアルミニウムやタングステンなど北朝鮮の核とミサイル開発に転用可能な材料を取り引きしていたと指摘した。<中央日報9月20日付『北の企業など562カ所が制裁を巧妙に回避…中国「遼寧鴻祥」と大規模取引』記事>

  オンラインショップスタッフ出身の馬代表は北朝鮮が自然災害で中国と交易を始めた1996年に対朝貿易に参入した。中国時事週刊誌「南方週末」によると、馬代表は2006年10月の1回目の核実験直後に重油2000トンを販売した。馬代表は当時、北朝鮮に貨物トラック80台を提供する代価として鉱山採堀権を確保し、平壌(ピョンヤン)衣類工場にも投資した。馬代表は当時、「政治状況に関係なく身を粉にして献身するだけだ」としながら「対朝事業は賭博」と明らかにした。馬代表は新義州(シンウィジュ)特区開発、龍川(ヨンチョン)駅列車爆発事故、北核危機に何度かぶつかりながらも朝中両国政府の保護下で事業を拡大してきた。680人の職員を率いる鴻祥集団は2010年に中国500代民営グループで189位に入った。

  馬代表を過去に数回会ったことがあるという丹東(タントン)消息筋は「性格が豪放な女傑」とし「鴻祥チャネルがおさえられてしまえば北朝鮮が受ける打撃が相当なものになるだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事