辛東彬ロッテ会長が出頭「捜査、誠実に協力」

辛東彬ロッテ会長が出頭「捜査、誠実に協力」

2016年09月21日09時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長が20日、背任・横領容疑で取り調べを受けるためソウル中央地検に出頭した。
  辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫、61)ロッテグループ会長が20日、検察に出向いて自身の2000億ウォン(約182億円)台の背任・横領疑惑に関する容疑者として取り調べを受けた。ロッテグループが1967年に設立されて以来グループトップが容疑者として召喚調査を受けるのは初めてだ。

  検察は辛会長を相手に中国のホームショッピング企業ラッキーパイなど国内外の企業の不良買収、ロッテシネマなど系列会社を通した親戚企業への仕事発注集中など関連容疑を集中的に追及した。海外の買収合併の過程で発生した損失をグループ内外の系列会社に押しつけたり特定系列会社の最も重要な資産を安値でほかの系列会社に移転したりするなどのやり方で1200億ウォン台の背任行為を行った容疑についても問いただした。またロッテ建設など系列会社が最近10年間で600億ウォン台の使用可能資金を作る過程で辛会長が指示したり報告を受けたりするなど直・間接的に関与したかを調査した。

  韓国語ができず通訳を通して取り調べを受けた辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之、62)前日本ロッテホールディングス副会長とは違い、辛会長は通訳なしで取り調べを受けた。検察関係者は「特殊第4部の検事4人が2チーム(2人ずつ)に分かれて調査した」として「辛会長もロッテ側で準備してきた弁当をよく食べ、しっかり陳述もした」と伝えた。この関係者は記者懇談会で辛会長に対する拘束令状の請求問題についても一部言及した。

  --辛会長が拘束されればロッテグループの経営権が日本の支配に渡る構造になるという主張も、令状請求の有無決定時の考慮事案なのか。

  「弁護人とロッテ側の主張だが私たちが検証する方法はない。それが辛会長に対する拘束令状の請求だとか身柄の決定に決定的要因になるとはみにくい」

  --前日には不拘束捜査の可能性も残しておいたのではなかったか。

  「一般論を言ったのだ。いつも大企業の捜査をするたびにトップの司法処理に関してはさまざまな悩み要素が多いという意味であって、ある方向性を強調して話したわけではない」

  今年6月10日にロッテグループ関連17カ所への家宅捜索を皮切りに始まったロッテグループ捜査は辛会長の取り調べを最後に仕上げの段階に入った。これに先立ち黒いスーツに白いシャツ、濃紺のネクタイ姿の辛会長は午前9時20分ごろソウル中央地検庁舎に到着して「心配をかけて申し訳ない。検察の捜査には誠実に協力する」と話した。引き続き辛会長は「会社の金の横領・背任、秘密資金造成などを指示して脱税に関与したのか」という記者たちの質問に「検察で詳しく申し上げる」と述べた後、中央地検15階の取り調べ室に直行した。

  一方、辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄、95)総括会長の3人目の夫人ソ・ミギョン氏(57)が日本にとどまって召喚にずっと応じていないことによって検察は彼女の国内の全財産を差し押さえる措置を取った。差し押さえの対象には国内不動産(1800億ウォン台推定)などが含まれた。検察関係者は「ソ氏の脱税疑惑に関連した追徴などが差し押さえの目的」と話した。

  ソ氏は辛総括会長から日本のロッテホールディングスの株を贈与してもらい3000億ウォン台の贈与税を払わなかった容疑で捜査対象になった。検察はソ氏が最後まで入国しない場合は直ちに裁判に移す案も検討している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事