韓国最大野党の新代表に秋美愛氏

韓国最大野党の新代表に秋美愛氏

2016年08月28日12時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「共に民主党」の新代表に選ばれた秋美愛氏。
  野党「共に民主党」の新しい党代表に秋美愛(チュ・ミエ)氏(58)が選出された。

  27日にソウル・オリンピック体操競技場で開かれた党大会で秋氏は金相坤(キム・サンゴン)、李鍾杰(イ・ジョンゴル)候補を押さえ任期2年の党代表に選ばれた。

  60年余りの民主党の歴史で大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)のいわゆる「TK」出身の女性党首が選出されるのは初めて。新千年民主党時代の2000年に党代表を務めた慶尚北道蔚珍(ウルチン)出身の金重権(キム・ジュングォン)代表も選出職ではなく総裁である当時の金大中(キム・デジュン)大統領によって指名されたものだった。

  ◇TK出身の初の野党女性党首秋美愛、湖南出身の李貞鉉と正面対決

  湖南(ホナム)を主な根拠地としてきた民主党でTK出身で初の女性党代表になった秋氏は嶺南(ヨンナム)が主要支持層であるセヌリ党で初の湖南出身党代表に選ばれた李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表と来年の大統領選挙を控え避けることのできない正面対決を展開することになった。

  秋氏は選挙戦序盤から「親文在寅(ムン・ジェイン)派の全面的な支持の中で1強2中の構図を形成しリードし、この日特別な異変もなく代表に選出された。金相坤・李鍾杰候補は終盤での逆転を狙い激しい追撃戦を広げたが惜しくも苦杯をなめた。

  最終集計の結果、秋候補は54.03%と得票率50%を超え余裕で1位となった。李候補は23.89%で2位、金候補は22.08%で3位にとどまった。

  今回の民主党代表選挙戦は▽代議員45%▽権利党員30%▽一般国民世論調査15%▽一般党員世論調査10%の割合で行われた。

  ◇最高委員に宋鉉燮・梁香子・金炳官…ほとんどが親文在寅勢力

  民主党はまた、この日女性最高委員に梁香子(ヤン・ヒャンジャ)候補、青年最高委員に金炳官(キム・ビョングァン)候補、高齢者最高委員に宋鉉燮(ソン・ヒョンソプ)候補をそれぞれ選出した。

  地域別の最高委員にはソウル・済州(チェジュ)から金栄珠(キム・ヨンジュ)議員、京畿(キョンギ)・仁川(インチョン)から全海チョル(チョン・ヘチョル)議員、嶺南(ヨンナム)から崔仁昊(チェ・インホ)議員、湖南から金椿鎮(キム・チュンジン)元議員、忠清(チュンチョン)・江原(カンウォン)からシム・ギジュン江原道党委員長の5人が選出された。

  政界ではこの日選出された最高委員のほとんどが親文在寅勢力という点から、親盧武鉉(ノ・ムヒョン)勢力が主流だった民主党が今回の党大会を通じ「親文在寅政党」へとカラーを確実に変えることになったと評価している。

  秋美愛代表をはじめとする新指導部は来年の大統領選候補選挙戦管理の責任を負うなど2018年8月まで民主党を率いることになる。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事