韓国外交部「早い時期に日本が10億円拠出するよう協議を進めている」

韓国外交部「早い時期に日本が10億円拠出するよう協議を進めている」

2016年08月10日13時51分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国外交部は9日、慰安婦被害者支援財団の運営などについて話し合うために開かれた韓日局長級協議に関連して「早い時期に日本政府の拠出金が支給されるよう協議が進められている」と明らかにした。

  趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官はこの日の定例ブリーフィングで「昨年12月28日の慰安婦合意に基づき、必要な協議を進めている」としながら「和解・癒やし財団がすでに発足して活動している以上、財団の活動に支障をきたさないよう早い時期に拠出金が支給され、財団が活動する方向で協議を進めている」と伝えた。

  趙報道官は「協議が進行中なので具体的な協議進行状況については申し上げられない」としながらも「被害者の方々の意見を取り入れながら事業を決定・進めていく。被害者の方々の意志を最大限尊重した『オーダーメード型事業』になるものと承知している。財団事業の目標と目的は昨年12月の合意の趣旨に沿って被害者の方々の心の傷を癒やすためものになる」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事