韓経:【社説】日本を弾みに世界へ飛躍したLINEの成功

韓経:【社説】日本を弾みに世界へ飛躍したLINEの成功

2016年07月18日11時15分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ネイバーの子会社LINEが米国と日本の株式市場安着に成功した。昨日、日本東京証券取引所に上場したLINEは公開価格(3300円)より23.05%上がった4345円で初日の取引を終えた。終値基準の時価総額は9124億円(約9兆7524億ウォン)と、10兆ウォンに迫った。多くの韓国大企業の時価総額と似た規模だ。これに先立ち米ニューヨーク証券取引所でLINEは公開価格(32.84ドル)より26.6%値上がりした41.58ドルで取引を終えた。海外子会社の珍しい成功事例だ。心から祝うことだ。

  LINEは2011年6月に日本でサービスを始めたモバイルメッセンジャー企業だ。5年間で230カ国で10億人がLINEを主要メッセンジャーとして利用するほど成長した。特に韓国企業にとって難しい日本でビジネスを成功させた珍しい事例だ。

  LINEはサービスのプラットホームの企画は韓国がしたが、開発は日本人に任せた、差別化したビジネスモデルを維持している。日本の消費者の生活習慣や底辺にある独特の日本文化をプラットホームに反映した。日本人が好むイラストと顔文字も活性化した。日本人に合わせた現地化と専門化が成功した。LINEは日本市場の成功をもとにタイ、マレーシア、インドネシア、台湾など東南アジアに進出していった。日本人が多い南米市場にも手を広げた。ネットワークサービスの独特の構造上、グローバル化が自然に形成された。

  LINEが越えるべきヤマはまだ多い。米国人が愛用するフェイスブックのWhatsAppや中国テンセントのWeChatなど世界的なモバイル企業とも競争しなければいけない。収益事業も作る必要がある。LINEだけの独特のキラーサービスも求められる。しかし難攻不落の市場を開拓した挑戦精神が生きている限り、LINEの成長は続くだろう。これが韓国企業のDNAだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事