<THAAD>韓国国防長官「真っ先にレーダー電磁波浴びてテストする」

<THAAD>韓国国防長官「真っ先にレーダー電磁波浴びてテストする」

2016年07月14日08時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  13日午後9時10分、ソウル龍山(ヨンサン)の国防コンベンション1階。韓民求(ハン・ミング)国防部長官が頭を下げた。この日、在韓米軍の高高度ミサイル防衛(THAAD)体系の配備場所に決まった慶尚北道星州(ソンジュ)の郡民200余人の前でだ。国会予算決算委員会に出席した後、国防部に抗議訪問した慶北郡民の前で、韓長官はポケットからあらかじめ準備していたA4用紙を取り出して広げた。星州郡民にTHAAD配備の背景を説明するための資料だった。しかし韓長官は資料をたたんでまたポケットに入れた。星州郡民が「韓長官の説明は聞かない。私たち(星州郡民)の質問だけに答えるべき」と要求したからだ。

  星州郡民は「THAADを人口密集地域に設置したケースはあるのか」 「なぜ星州が軍事的効用性があるところなのか」「他の場所と比較して最適地というが、比較の根拠を提示すべきだ」などと要求した。これに対し韓長官は「THAADは有害であったり問題がある武器体系ではない」とし「THAADが配備されれば(私が)真っ先にレーダーの前に立って電磁波が危険かどうか私の体でテストする」と語った。また「詳しい資料を準備して説明する場を作る」とし「5カ所の候補地を比較した結果、星州がTHAADを配備するのに最も適したところ」と説明した。

  しかしキム・ハンゴン星州郡守は「中央政府が地方政府を殺すことなどあり得ない。父が子を殺すことがどこにあるのか。どのように解決すればよいのか。早く撤回してほしい。今からでも遅くはない。早く撤回すれば星州は昔のように生き返ることができる」と主張した。

  この地域で選出されたセヌリ党の李完永(イ・ワンヨン)議員は「昨日(12日午後)7時に予算決算委に入って私が質問をし、(韓長官の)答弁を聞いた。まだ選定中だと(長官が)答えた」とし「20時間も過ぎていない今日午後3時に発表をした」と語った。また「次官も昨日、分からないと話した。1週間ずっと話してきたが、今日の発表も知らせず、郡守と道知事も知らなかった」と指摘した。

  国防部は8日、「THAAD敷地を決める前に住民を相手に説明会を開く」と約束した。

  この日、黄仁武(ファン・インム)国防部次官を団長とする代表団を星州に送って説明会を開く予定だったが、星州郡民がバス5台に乗って国防部を訪問すると聞いた後、現場訪問を取り消した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事