潘国連事務総長「南シナ海紛争、対話で平和的に解決するべき」

潘国連事務総長「南シナ海紛争、対話で平和的に解決するべき」

2016年07月13日11時14分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
潘基文国連事務総長
  潘基文(パン・ギムン)国連事務総長がオランダ・ハーグ仲裁裁判所(PCA)の判決によって論争が巻き起こっている南シナ海の領有権紛争について「対話を通じた平和的な解決」を強調した。

  潘事務総長は12日(現地時間)、当事国が「国連憲章をはじめ国際法に一致する、対話を通じた平和的かつ友好的な方法を通して南シナ海の領有権紛争を解決しなければならない」と述べたと、ステファン・デュジャリック国連報道官が伝えた。

  潘事務総長は特に、「緊張を触発したり高めたりするような行動を避けることが重要だ」と強調した。

  PCAはこの日、フィリピンが2013年1月に南シナ海の領有権をめぐって中国を提訴した件に関し、「中国が南シナ海のほぼ全域にわたって領有権を主張していることに関し、法的根拠はない」という要旨の判決を下した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事