歌手キム・ジュンス、ミュージカル『ドリアン・グレイ』にワンキャスティング

歌手キム・ジュンス、ミュージカル『ドリアン・グレイ』にワンキャスティング

2016年07月05日13時55分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ミュージカル『ドリアン・グレイ』ポスター(写真提供=C-Jesカルチャー)
  歌手でミュージカル俳優のキム・ジュンスがミュージカル『ドリアン・グレイ』のワンキャスティングされた。

  5日、ミュージカル『ドリアン・グレイ』側はキャストを公開した。キム・ジュンスの他にもパク・ウンテ、チェ・ジェウン、新人のホン・ソヨンが合流して幻想的な調和を見せる予定だ。

  ミュージカル『ドリアン・グレイ』はオスカー・ワイルドの長編小説『ドリアン・グレイの肖像』を新たに脚色した創作ミュージカルで、英国の貴族青年ドリアン・グレイが永遠の美への欲深さから自身の肖像画と魂を引き換えにする話を描いた作品だ。

  韓国ミュージカル界の興行神話を築いているキム・ジュンスが主人公のドリアン・グレイを、彼と主軸を成す知識人ヘンリー・ウォットンには最高の実力派ミュージカル俳優パク・ウンテがキャスティングされた。ヒロインのシヴィル・ヴェインは競争率400対1のオーディションを通じて抜擢された新人のホン・ソヨンが演じ、劇に活力を吹き込む予定だ。

  出演者は「すばらしい作品に参加できることになり光栄だ。ぜひ挑戦してみたいと思っていたキャラクターなので嬉しくて胸が高鳴る」としてミュージカル『ドリアン・グレイ』に対する愛情と覚悟を明らかにした。

  ミュージカル『ドリアン・グレイ』は斬新で破格的な素材で、長い時間をかけて国内演出陣がワークショップから小規模公演まで発展させてきたコンテンツだ。製作をC-Jes(シージェス)カルチャーが引き受け、大規模プロジェクトとして誕生させた。

  演出と脚色にイ・ジナ、作曲キム・ムンジョン、台本チョ・ヨンシンなど国内最高の創作陣が集結してストーリーとナンバー、衣装、舞台など劇全般的を手直しして完成度を高め、既存のライセンスミュージカルとは差別化されたウェルメード創作ミュージカルの誕生を予告している。

  C-Jesカルチャーは『ドリアン・グレイ』を通じて初めての創作ミュージカルに挑戦し、舞台演出、衣装デザインなど公演製作全般に心血を注いでいる。特に、韓国で初めての試みとなる舞台演出を準備中で、このためにことし5月チェコ・プロスコヴィツェでオールロケ撮影を進めた。

  大型創作ミュージカル『ドリアン・グレイ』は9月3日から10月29日まで城南(ソンナム)アートセンターオペラハウスで公演する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事