<インタビュー>世界テコンドー連盟総裁「テコンドー、UFCぐらい面白く変わる」(2)

<インタビュー>世界テコンドー連盟総裁「テコンドー、UFCぐらい面白く変わる」(2)

2016年06月30日09時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  4年前のロンドンオリンピックで電子保護具システムを導入したのは「オリンピック退出種目に追い込まれたテコンドーが生き残る道は判定問題をなくすことだけ」というテコンドー関係者たちの助言を受け入れた結果だった。チョ総裁は「マーシャル・アート(marshall arts:テコンドーを含む武器を使わない武道を通称する表現)の純粋性を損ねるという批判もあったが、ほかに方法がないと感じて(電子保護具を)根気強く押し進めた」と説明した。

  リオオリンピックを控えてWTFは、テコンドー独特の迫力感の回復を目標に掲げた。強い足で蹴ることと拳の攻撃だけが点数と認められるように電子保護具の感度を調整し、ヘッドギアにもセンサーを装着した。合わせて攻撃的な競技運営を誘導するために、四角形だった競技場の形を八角形に変えた。

  選手入場の時にテーマ曲を演奏して観衆の集中度を高める一方、ズボンに限って自国の国旗デザインを反映したカラーの道服を着ることも許容した。チョ総裁は「テコンドーは入場券価格の基準としてはリオオリンピック全体種目の中で10位以内に入る人気スポーツ」としながら「リオオリンピックで『テコンドーがUFCと同じぐらい面白い』という評価を引き出す自信がある」と話した。

  テコンドーは今後、社会貢献においても先頭に立つ計画だ。今年4月にWTF主導で設立したテコンドー博愛財団が中心になって活動する。チョ総裁は「難民助け合いなど多様な先行プログラムを通じてテコンドーの国際社会への寄与度を高める」としながら「北朝鮮が主導するITF(国際テコンドー連盟)との交流も拡大する」と語っていた。

<インタビュー>世界テコンドー連盟総裁「テコンドー、UFCぐらい面白く変わる」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事