JYJパク・ユチョン、女性が告訴取り下げ…「強制性ない性関係…軽く見られたようで気分悪かった」

JYJパク・ユチョン、女性が告訴取り下げ…「強制性ない性関係…軽く見られたようで気分悪かった」

2016年06月15日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
14日、江南(カンナム)区庁に出勤して体調が良くないという理由で病気休暇を取って戻るパク・ユチョン氏。
  人気グループJYJのメンバー、パク・ユチョン(30)から性的暴行に受けたとしてパク・ユチョンを警察に告訴した20代の女性が告訴を取り下げた。ソウル江南(カンナム)警察署は告訴人の女性Aが性的暴行を受けたという主張を覆し、「強制性のない性関係だった」としてパク・ユチョンに対する告訴を取り下げたと15日、明らかにした。Aは14日晩、警察に告訴を取り下げるという意向を伝えてきたという。

  警察によると、Aは「当時、性関係の後、一行が自分を軽く見るような行動をした部分があって気分が悪く、家に帰って考えてみるとパク氏が性関係当時にした行動も自分を軽く見てした行動だという気がして告訴することになった」と説明し、告訴の経緯を明らかにしたという。また警察は「Aが告訴後に関連記事があまりにも多く出たことに驚いて悩んだと吐露した」とも伝えた。

  これに先立ちAは「4日午前5時ごろ、江南のある遊興酒店(風俗店)のルーム内にあるトイレでパク氏から性的暴行を受けた」として10日、警察署に行って告訴した。この事実が報道されると、パク・ユチョン側は「全く事実無根で、悪意の恐喝・脅迫」と公式立場を発表し、容疑を強く否認した。警察は性的暴行事件の場合、親告罪ではなく事実を認知して容疑を確認すれば、申告者の意思に関係なく処罰できるため、捜査を進めるかどうかを検討する予定だ。

  一方、事件が膨らみ、2次被害も発生した。オンラインにパク・ユチョンを告訴した女性の写真として、確認されていない内容が広まったからだ。特にこのうちヘルストレーナーとして勤務するBは事件と関係ない自分の写真が性的暴行の被害者としてSNSなどで広まったため、掲載者を処罰してほしいとして警察に申告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事