<競馬>PARTⅠⅠの韓国、PARTⅠの日本と韓日戦

<競馬>PARTⅠⅠの韓国、PARTⅠの日本と韓日戦

2016年06月03日15時30分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  レッツランパークソウルで今週末、興味深い韓日戦が行われる。

  5日の第8レース、SBS杯韓日戦(G3、1200メートル、混合、3歳以上、レーティングオープン)がその舞台だ。賞金総額2億5000万ウォンをかけて、競馬先進国の日本の競走馬と韓国の競走馬が自尊心対決をする。ホーム&アウェー方式で行われる韓日戦は今年からは「スプリントシリーズ」に含まれ、重要度がさらに高まった。

  今回の大会は3つの点で大きな意味がある。まず、韓国競馬史上初めて韓日両国を行き来して行われる交流競走という点だ。韓日両国関係を深め、韓国競馬のグローバル化を図るという目的で、2013年から毎年開催されている。さらに日本の場合、現在PARTⅠに属する最高競馬先進国であるため、韓日戦が持つ意味は大きい。韓国は今年4月にPARTIIへの昇格を確定、国際競馬市場のメジャーリーグといえるPARTIへの昇格を目指している。特に今年の韓日戦は、韓国がPARTⅠⅠ昇格を決めてから初めて行われる国際レースであり、注目を引く舞台だ。

  次はホーム&アウェー方式で行われるという点だ。第1戦はレッツランパークソウルで、そして第2戦は日本大井競馬場で行われる。韓日戦であるため国内はもちろん日本現地での関心も大きい。

  大会元年の2013年の場合、第1戦では日本の馬が優勝したが、日本現地で行われた第2戦では韓国の馬「ワッツヴィレッジ」が優勝し、韓国競馬ファンに感動を与えた。一方、昨年は第1戦で韓国の競走馬「チェガンシラー」が優勝し、第2戦では日本の馬が優勝した。したがって今年は韓国が日本に第1、2戦とも完勝できるかどうかが関心の一つだ。

  最後は、最強短距離スプリンターを発掘して育成するレースという点だ。韓国馬事会は今年、今大会と今月1日に釜山(プサン)で行われた「釜山日報杯」、9月に開催される「コリアスプリント」をまとめて「スプリントシリーズ」を創設した。世界でも通用する最強短距離スプリントを発掘して育成するという目的だ。すなわち韓国馬事会は1200メートルのレースを国内競走馬の国際競争力確保のための戦略距離として運営するという立場だ。

  今回の韓日戦に出場する競走馬は計12頭。このうち大井競馬場所属の競走馬は計3頭だ。「ドレッドノート」(日本、セン、8歳)、「キモンアヴァロン」(日本、牡、7歳)、「ベストウィッシュ 」(日本、牡、7歳)がその主人公だ。

  日本の馬の中で注目されるのは「ドレッドノート」。日本での戦績が33戦7勝で、獲得賞金は7700万円を超えている。大井競馬場に活動舞台を移したのは昨年で、その後6レースに出場し、優勝2回、準優勝2回。

  「ドレッドノート」の疾走を阻止する最も強力な韓国の馬は、誰が何と言おうと「カムドンウィバダ」(米国、牝、7歳、R114、釜山)だ。韓国最高の名匠キム・ヨングァン調教師の競走馬で、1月にレッツランパーク釜山慶南で行われた「釜山日報杯」で優勝し、スプリントシリーズの最初の関門を突破した。

  また「チェガンシラー」(米国、セン、5歳、R107、ソウル)も挑戦状を送りつけた。昨年1200メートルに8回出て優勝4回、準優勝3回と短距離に強い競走馬だ。さらにドバイ遠征馬「チョング」(米国、牡、4歳、R100、ソウル)も準備を終えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事