【時視各角】3つの「する」に答えがある=韓国(2)

【時視各角】3つの「する」に答えがある=韓国(2)

2016年06月02日16時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  習近平主席の話に糸口がある。彼は14億人という中国人の旺盛な購買力について言った。「2014年の一年だけで海外旅行に1兆人民元(約1800兆ウォン)を使った」として「化粧品や服、粉ミルク・哺乳瓶まで買ってくる」と嘆いた。相手の弱点を狙うのは行馬の基本だ。中国は今「3つのする」ことに夢中になっている。食べて、遊んで、飾ることだ。ちょうど韓国が明らかに強みのある分野だ。

  最初に食べること。中国は不良食品の天国だ。先進の安全食品に対する欲求もそれだけ高い。欲求噴出の結果は想像以上だ。昨年11月の光棍節の時は豪州の粉ミルクを品切れにさせたし、豪州の粉ミルク会社の株価を1年で10倍上昇させた。韓国もやれる。高級イメージで成功したパリバゲット(パン)や「韓国から直輸入した信頼の食材」で勝負したヘジ村が良い例だ。世界で一番面倒な消費者と地理的な利点もある。韓国の市場から世界最高のフード市場にしなければならない。中国の欲求は自ずとついてくるだろう。

  2つ目が遊ぶこと。韓流観光はスタートだ。今まさに世の中の楽しみに目覚めた14億人の中国人は世界の観光・遊びの地図を変えている。今のような低価格な観光はいけない。韓国が作って商品を売ってこそ、たくさん残すことができる。韓流と組み合わせなければならない。『太陽の末裔』や『ランニングマン』が模範事例だ。韓中の合作・協業を通じてパイを育て障壁を低くしなければならない。中国資本を最初から恐れることもない。韓国にはハリウッドを勝ち抜いたソフトパワーがある。

  3つ目は飾ること。化粧品・整形はそれ自体でシナジーだ。韓国を訪れる医療観光客のうち日本は漢方、米国・欧州は重症疾患治療、中国人は主に整形にお金を使ったという。美容・整形の韓流を安心して楽しめるようにしなければならない。まず中国ブローカーのお腹だけをふくらませて韓国の医療スタッフを下請け企業にすることから根絶しなければならない。規制の垣根を崩さなければならない。それでこそ大陸進出の大きな場が開かれる。さあ今から叫んでみよう。中原の天地が響くように。1つして、2つして、3つして!!!

  イ・ジョンジェ論説委員

【時視各角】3つの「する」に答えがある=韓国(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事