<韓国人口5千万人守ろう>「結婚しなくてもよい」…韓国61% 日本53%

<韓国人口5千万人守ろう>「結婚しなくてもよい」…韓国61% 日本53%

2016年05月30日14時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  東京港区のホームショッピング会社に勤務する日本人女性A次長(42)は1988年の新入社員時代から終電の時間が迫っているのも気づかないほど仕事に没頭しながら生活してきた。そのおかげで能力が認められ、ずっと新しい仕事を任されてきた。20代に会社の同僚と7年間交際したが、もっとよく合う相手がいるかもしれないという考えで別れた。30代に交際した大学の同窓生は生活パターンがあまりにも違った。30代後半になると、熱心に仕事をする女性の友達が男性よりも気楽に感じるという。Aさんは「(子どもがいなくても)『このままでいい』という男性がいれば結婚を考えるかもしれないが、そのような人はいないようだ」とし「今後も挑戦的な仕事が多いはずで、結局は仕事を優先することになりそう」と話した。

  韓国の広告代理店に勤務する韓国人女性L次長(31)は医薬品広報企画業務に担当している。結婚して母親になるより専門家として成長することが重要だと考えている。今が最も活発に働く時期であり、結婚を考える余裕がない。Lさんは「姉が3カ月前に出産して子育てするのを見ると、私には難しいという気がする」とし「少し油断しているだけでも流れを逃すが、結婚・出産で席を外せば完全に遅れてしまいそうだ」と話した。

  結婚より仕事を重視する韓国・日本の女性の姿だ。こうした女性たちは結婚は「しても、しなくてもよい」と考えている。両国の20-40代の半分以上が同じ考えであることが調査で分かった。中央日報と日本経済新聞が今月8-12日、それぞれ20-40代の男性1000人、女性1158人を対象に「働き方と子育て」オンラインアンケート調査を実施した結果だ。

  「結婚は必ずするべきか」と尋ねたところ、韓国の回答者の55.6%は「してもしなくてもよい」、5.5%は「しないのがよい」と答えた。日本はそれぞれ50・9%、2.2%だ。韓国は61.1%、日本は53.1%が結婚に否定的だ。両国ともに女性が男性よりも否定的だった。韓国の女性の72.1%(男性50.7%)、日本は61.7%(男性45%)が「結婚はしてもしなくてもよい」または「しないのがよい」と答えた。女性は年齢が高いほど否定的だった。

  低出生率・出産などでも両国の考え方は似ている。低出生率の原因に韓国は仕事・家庭両立制度・環境の不備(27.2%)、雇用・経済不安(25.8%)、晩婚・非婚(10.4%)を選んだ。日本は晩婚・非婚(24.3%)、雇用・経済不安(23.9%)、将来の不安(16.4%)、仕事・家庭両立制度・環境の不備(12.3%)の順だった。両国の男性は雇用・経済不安を第一の原因に選んだ。「結婚すれば子どもを持つべきか」という質問に対し、韓国は62.4%、日本は56.3%が肯定的に答えた。韓国の昨年の合計特殊出生率(女性が生涯に産むと期待される子どもの数)は1.24人と、日本(1.46人)より少ない。

  韓国保健社会研究院のチョ・ソンホ副研究委員は「今回の調査で韓国の20代の未婚男性の半分が雇用・経済不安を低出生率の理由に挙げた。若年層の職場を増やし、家の負担を減らす必要がある」と述べた。

  日本国立社会保障・人口問題研究所の菅桂太室長は「日本は女性の学歴が高まって経済活動への参加が増え、結婚と出産が遅れている」とし「政府の仕事・子育て両立支援策が拡大すれば効果があるだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事