大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(2)

大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(2)

2016年05月30日09時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  また、スライドの下段で客室乗務員の安全措置が不十分だったという主張に対してはこのように主張した。

  --マニュアル上、緊急発生時の最初にスライドに乗って脱出する人は非常口に座っている乗客だ。非常口の着席乗客はほかの乗客がスライドに乗って降りてくる場合、下段で助けることになっている。その後、客室乗務員が降機すれば一緒にほかの乗客を助けることになる。一部の動画で乗客の降機を助けていた人々がまさに非常口に着席していた乗客だ。該当便ではこうした手続きどおりに遂行した。

  乗務員らが降機後、傍観者のように見物だけをしていたという主張に対しても大韓航空側は以下のように事実ではないと説明した。

  --客室乗務員はすべての乗客を安全地帯に避難させるよう統制する一方、最も基本の手続きである現場から脱出した乗客人数をすぐに確認した。また消防隊との協力のもと乗客と負傷者を世話する一方で、空港当局の指示によりバスで移動したことがある。

  --当社の運航乗務員は非常事態を仮定して実際と全く同じ訓練を常に繰り返し、万が一の緊急時に備えている。該当便の運航乗務員もまた、このような経験によってマニュアルに基づき緊急時の手続きを迅速かつ正確に遂行した。

  これと共に大韓航空は事故当時の実際の実行手続きも説明した。該当便の機長は離陸滑走中にエンジン異常信号メッセージを確認するとすぐに離陸中断(Reject Take-off)を決め、副機長はリジェクト(Reject)を復唱したという。その後すぐに推進力装置を止め、ブレーキと逆推進力装置を作動して安全に航空機を止まらせるようにしたと大韓航空は説明した。また航空機が完全に止まった後、手続きどおりにすぐにエンジンに装着された消火器を噴射し、にもかかわらず、再び異常信号メッセージが浮かび上がるとすぐに再度消火器を噴射したという。このようにしても状況が好転しないため遅滞することなく直ちに乗客の脱出を命令し、乗客が全員脱出して乗客がいないかどうか確認した後、乗務員は最後に脱出したということだ。

大韓航空「迅速かつ正確に乗客を緊急脱出させた」(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事