STX造船の不良感知できなかった韓国金融当局と産業銀行(1)

STX造船の不良感知できなかった韓国金融当局と産業銀行(1)

2016年05月27日14時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  STX造船海洋と城東(ソンドン)造船海洋。一時は世界4位、8位の造船会社であった。しかし今は法定管理に向かうことになるか近くそうなる可能性の高い限界企業に転落した。2つの企業はいずれも主債権銀行(メインバンク)が国策銀行だ。都市銀行が途中で自律協約債権団から脱退したという点も似ていた。都市銀行では早目に鳴っていた危険警告などが、国策銀行と金融当局には作動しなかったという意だ。

  「輸出入銀行は構造調整の基本さえ知らなかった」。2010~2011年国民銀行の与信グループ副頭取だったL氏は中央日報との電話インタビューでこのように話した。国民銀行は2011年9月に主債権銀行の輸出入銀行が城東造船に資金支援を推進するとすぐに債権団からの脱退を宣言した。サムジョンKPMGの実態調査の報告書を根拠にした。城東造船の存続価値が2200億ウォン(約204億円)、清算価値が1兆4700億ウォンというのは内容だった。清算価値が存続価値よりも大きければ会社の門を閉めるほうが利益だという意味だ。

  L元副頭取は「生かせるのだから助けてくれと言うべきところで清算価値がより大きく出てきた報告書を持って支援しろと言うのだからあきれた」と話した。すると輸出入銀行はデロイトアンジン会計法人に実態調査の報告書を再び依頼した。今度は存続価値(1兆9200億ウォン)が清算価値(1兆3200億ウォン)より大きく出てきた。年間受注物量に対する見通し(サムジョン31隻、アンジン48隻)が違ったためだ。

  輸出入銀行と金融当局はこれを根拠に国民銀行に債権団への復帰を要求した。L前副頭取は「退職する日(2011年12月)までも金融監督院の高位幹部に呼ばれて圧迫された」と伝えた。輸出入銀行はその年の12月末、国民銀行を除き7300億ウォンを城東造船に支援した。

  その後債権団は2013年に1兆6300億ウォンの出資転換を、昨年には7200億ウォンの資金支援を決めた。追加支援に反対したウリィ銀行までが昨年10月、債権団から抜けた。

  当時、李ドク勳(イ・ドクフン)輸出入銀行頭取は「保守的に見ても2019年には城東造船が黒字に戻るだろう」と見通した。だが城東造船は昨年11月以後、1隻も受注できなかった。

STX造船の不良感知できなかった韓国金融当局と産業銀行(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事