韓国の食品メーカー、国産原料の使用比率31%にとどまる

韓国の食品メーカー、国産原料の使用比率31%にとどまる

2016年05月24日13時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の企業が食品を作る際に使う国産原料の比率が30%台初めにとどまったことがわかった。外国産原料の価格が韓国産より安いためだ。

  農林畜産食品部が23日に発表した「食品産業原料消費実態調査」によると、韓国の食品メーカーで2014年に使われた農畜水産物原料は1565万トンだ。このうち国産原料は489万トンで31.3%を占めた。2013年の31.2%より国産原料の比率が0.1ポイント高まった。2014年に使われた輸入原料は1076万トンで全体の68.7%だった。

  品目別ではタピオカ、砂糖、コーヒー、ココアなどは食品製造過程で100%輸入原料が使われたことが明らかになった。ごま油とスケトウダラ、トウモロコシ、小麦なども輸入原料の比率が90%を超えた。調査対象企業に「なぜ輸入農畜水産物を原料に使うのか」を尋ねたところ、75.9%(以下複数回答)が「原料の価格競争力」のためと答えた。「韓国産は大量納品を受けにくい」が19.2%、「韓国で生産されていない原料なので」が18.7%と続いた。

  反対に国産比率100%の食品原料はハクサイ、高麗人参、スイカ、マクワウリ、リンゴ、ノリ、玉子などだった。ナシ、練乳、タマネギ、ブドウ、ダイコン、ショウガも国産比率が90%を超えた。

  今回の調査は従業員が5人以上の食品メーカー3500社を対象に実施された。農林畜産食品部は食品メーカー原料使用実態と原料調達ルートなどを把握し政策策定の資料として活用するため2008年からこの調査を行っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事