北朝鮮で党大会が開かれた日、中国「国際社会の声に耳を傾けるべき」

北朝鮮で党大会が開かれた日、中国「国際社会の声に耳を傾けるべき」

2016年05月07日10時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国政府は6日、36年ぶりに労働党大会を開催した北朝鮮に対して「国際社会の声に耳を傾けるべき」という内容の立場を明らかにした。

  中国外務省の洪磊報道官はこの日の定例記者会見で、「中国は代表団を北朝鮮に派遣したのか」という質問に対し、「北朝鮮は現在、国家の発展で一つの重要な段階にある」とし「我々は北朝鮮が十分に国家の発展と人民の幸せを実現することを希望する」と述べた。続いて「我々も北朝鮮が国際社会の声に耳を傾け、ともに東アジアの平和・安定を実現することを希望する」と話した。洪磊報道官は国際社会の声がどういう内容かは具体的に明らかにしなかった。しかし今まで中国政府が繰り返し明らかにした立場からみると、核開発では決して「国の発展」と「人民の幸せ」を実現できないという「忠告」の意味も込められていると解釈される。

  一方、中国は北朝鮮の党大会に政府や共産党レベルの使節団や代表団を派遣しなかったと、北京の外交消息筋はこの日明らかにした。この消息筋は「中国政府・党関係者らの話によると、中国は今回の党大会に誰も派遣しなかった」とし「北朝鮮側が招待もしなかったと把握している」と話した。続いて「北朝鮮側が李進軍駐朝中国大使を含む平壌(ピョンヤン)駐在外交団を党大会の外賓として招待したかどうかは確認できなかった」と語った。

  この日の記者会見でも中国代表団の派遣に関する質問が出たが、洪磊報道官は「提供する情報がない」とのみ答えた。これに先立ち先月27日、華春瑩報道官も「党大会は北朝鮮の大きい政治行事であり、順調に開かれることを望む」としながらも、代表団の派遣に関しては答弁を避けた。

  中国は1980年に開かれた第6回大会には李先念国家副主席を派遣した。当時は北朝鮮が118カ国に招待状を送り、李副主席のほか、ロシアのグリシン政治局委員、ジンバブエのムガベ首相らを含む117カ国の代表団が参観した。一方、70年の第5回党大会には中国は代表団を派遣しなかった。北朝鮮の労働党機関紙の労働新聞も「中国・ロシア・モンゴルなど20余カ国が第7回党大会を迎え、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に祝電を送った」と伝え、外国代表団の出席には言及しなかった。

  一方、岸田文雄外相は6日、訪問地のベトナムで記者らに対し、「北朝鮮の今回の党大会は金正恩体制のもとで初めて開催されるため、北朝鮮が体制構築を推進する中で大会がどのように位置づけられるのかか、政策と幹部人事でどんな決定があるか注目している」と述べた。

  読売新聞は6日、「金正恩第1書記は長期政権に向けた体制基盤の確立を内外に誇示し、核の保有を改めて宣言する見通し」と報じた。朝日新聞も「朝鮮では憲法で朝鮮労働党が国のすべての活動を指導すると定められており、党規約では党大会を『最高指導機関』と位置づける」とし「金正恩第1書記は最も重要な政治イベントを通して、独裁体制をさらに強化する」と伝えた。時事通信は金正恩の妹・金与正(キム・ヨジョン)党副部長が昇格する可能性も提起されていると報じた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事