北朝鮮「金正恩第1書記を党最高位に推戴」

北朝鮮「金正恩第1書記を党最高位に推戴」

2016年05月07日09時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮朝鮮労働党第7回大会が6日午前、約5000人が出席した中、平壌(ピョンヤン)4・25文化会館で開幕した。1980年の第6回大会以来36年ぶりだ。

  金正恩(キム・ジョンウン)第1書記はこの日晩、朝鮮中央テレビが録画放送した開会の辞で、「今年は水素弾(水素爆弾)試験と地球観測衛星光明星4号の発射大成功を成し遂げ、主体朝鮮の尊厳と国力を最上の境地で輝かせた」と主張した。また「水素弾の壮快な爆音で、国防科学で引き続き国家の尊厳と思弁的奇跡を創出した」とし「無尽蔵な度胸を世界に向けてはっきりと見せた」と強調した。金正恩は「党大会は栄光の金日成(キム・イルソン)・金正日(キム・ジョンイル)主義党として新しい歴史的な里程標を築く歴史的契機になるだろう」とし「全国の千万軍民が、党が提示した70日戦闘目標を遂行する輝かしい戦果を上げた」と話した。

  金正恩はこの日、濃いグレーのストライプのスーツにネクタイを締めた姿だった。金正恩の両側には金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と黄炳瑞(ファン・ビョンソ)人民軍総政治局長が位置した。

  朝鮮中央テレビはこの日晩、金正恩の開会の辞、党大会執行部推戴、議題紹介などの順序で編集した映像を約30分間放送した。朝鮮中央テレビは金正恩の開会の辞が終わった後、今回の党大会の議題に関し、労働党組織と人選問題のほか、党規約の改正に言及した。特に「金正恩同志をわが党の最高位に推戴することについて議論する」と明らかにし、金正恩の党総書記への推戴、またはそれに相応の最高地位を付与することを予告した。

  朝鮮中央テレビは「党中央委員会の事業総和報告をした」と伝えたが、具体的な内容は公開しなかった。統一部の当局者は「膨大な分量の演説をテレビで公開しにくいという点で、7日付の労働新聞などを通じて全文を紹介すると予想される」と述べた。

  平壌に招待された海外記者100人余りも行事場所の外部の撮影だけが許されただけで、大会場所の4・25文化会館には入れなかった。

  これに先立ち北朝鮮朝鮮中央テレビは6日午前、「永遠の金日成・金正日同志の党、金正恩同志の党よ」という言葉が入った、朝鮮作家同盟詩文学分科委員会が作った「偉大な勝利の春よ!」という叙事詩を紹介した。金正恩時代の開幕を知らせたのだ。

  朝鮮中央通信は約1万字分量の「報道」を通じて、「自主の核強国(1月6日の4回目の核実験)、宇宙強国(2月7日の長距離ロケット発射)の尊厳と威容を万国に轟かせたのに続き、歴史的な70日戦闘で栄光の大勝利を成し遂げたことで、党大会を大政治祝典として輝かせることになった」と宣伝した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事