済州道の最高層複合リゾート、中国建設会社が施工…韓国業界の反応は?(1)

済州道の最高層複合リゾート、中国建設会社が施工…韓国業界の反応は?(1)

2016年04月06日09時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
済州市老衡洞に建設される「ドリームタワーカジノ複合リゾート」の鳥瞰図(写真=ロッテ観光開発)
  韓国国内の建設市場に中国資本が流れ込んでいる。済州に建設される38階建て「ドリームタワーカジノ複合リゾート」の施工者に中国建設会社が選ばれた。ロッテ観光開発と中国緑地グループは中国建築工程総公司(CSCEC)をこの事業の施工者に選定し、5日午後2時30分(現地時間)に中国上海緑地グループ本社で施工契約を結んだ。CSCECは資産規模171兆ウォン(約17兆円)、年間売上高141兆ウォン(2014年基準)にのぼる世界トップの建設会社だ。

  済州市老衡洞(ノヒョンドン)に建設されるドリームタワーは延べ面積30万2777平方メートルと、ソウル汝矣島(ヨイド)63ビルの1.8倍規模。済州で最も高い地上38階(169メートル)建てツインビルとなる。現在、済州道で最も高い済州市のロッテシティホテル(89メートル)の倍だ。ホテル776室、ホテルレジデンス850室のほか、外国人専用カジノと複合ショッピングモールも入る。工事費は7000億ウォンで、来月着工して2019年3月に完工する予定だ。

  CSCECは今回の事業に破格的な条件を提示して工事を受注した。工事費を受けられない場合でも条件なく自社の資金を投入して完工の責任を負い、着工後18カ月間はすべての工事を自社の資金で進める。建設会社が「条件のない責任竣工確約」と初期自社資金工事を受け入れたのは国内では初めて。ファン・ミンガン緑地グループコリア会長は「施工者の選定では責任竣工確約の提供を最優先に考慮した」と伝えた。

  緑地グループは当初、韓国の大型建設会社2社を優先交渉対象者に選定して事業を進めた。しかし緑地グループ側が要請した責任竣工条件のため国内の建設会社は放棄した。事業中断のリスクを抱え込む構造を国内の建設会社は受け入れなかったからだ。その後、緑地グループは中国など海外投資家を探し、今回、CSCEC側と契約した。CSCECのこうした決定は、これまで緑地グループや武漢グリーンランドセンターと共同で事業をしながら築いた信頼が基礎となった。ロッテ観光開発の関係者は「済州最高層ビルという象徴性も高く評価したようだ」と話した。

済州道の最高層複合リゾート、中国建設会社が施工…韓国業界の反応は?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事