韓経:中国で好調な韓国企業に非常事態…中国「粉ミルク社ブランド3つに減らせ」

韓経:中国で好調な韓国企業に非常事態…中国「粉ミルク社ブランド3つに減らせ」

2016年03月31日13時30分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国が粉ミルク市場の構造調整を強力に推進している。企業別に市場に出せるブランド数および製品の種類を大幅に縮小するというのが骨子だ。

  このようになれば中国市場に進出しているブランドの80%以上が退出し、粉ミルク市場に地殻変動が起きると専門家たちはみている。最近、中国の内需市場攻略に集中している韓国の粉ミルク製造業者も打撃が避けられないものと予想される。

  30日、中国経済日報など中国現地メディアによれば中国の国家食品医薬品監督管理総局は近く「粉ミルク製品調製方法の登録管理」に関する新しい規定を発表する計画だ。中国食薬局は昨年9月に粉ミルク管理規定を改正しながら粉ミルク製造業者が発売できる年齢帯別の粉ミルクブランド数を5つに、製品の種類を15種に制限した。近く発表される新しい規定ではブランド数を3つ、製品の種類は9種に縮小する内容が盛り込まれると中国経済日報は伝えた。

  中国の粉ミルク市場には現在4000余りのブランドが乱立している。粉ミルク製造業者がオンラインとオフライン流通チャネルに特化したブランドを先を争うように出したためだ。だが新しい規定が施行されれば600~800のブランドだけが残り、そのほかは全て市場から退出すると業界ではみている。

  新しい規定は中国の地場産の粉ミルク企業だけでなく、中国市場に進出した海外の粉ミルク企業および電子商取引などを通して流通している輸入粉ミルクにも同じように適用される。したがって韓国企業をはじめとする海外粉ミルク企業も新しい規定が施行されれば、少なくない被害を受けると予想されている。

  中国の粉ミルク市場は2009年の45億5000万ドルから昨年は200億ドル規模へと大きくなった。2008年に中国で発生したメラミン粉ミルク問題の余波で自国産製品に対する中国消費者の不信が高まり、全体の粉ミルク市場で輸入粉ミルクが占める割合は50%を超えている。韓国の昨年の対中国粉ミルク輸出額は8726万ドルで前年対比28%も急増した。

  韓国の粉ミルク企業はこれまで中国市場で主力ブランド以外に現地流通業社などと提携して企業あたり平均7~8つに達する自社商標(PB)を生産して市場攻略してきた。企業別に発売できるブランド数が3つに減れば、一部のブランドは退出が避けられないと業界ではみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事