米国NY市、慰安婦決議案を推進…日本政府の公式謝罪要求案を支持

米国NY市、慰安婦決議案を推進…日本政府の公式謝罪要求案を支持

2016年03月07日15時09分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  米国ニューヨーク市が旧日本軍慰安婦関連決議案を推進することが分かった。

  韓国メディアのKBS(韓国放送公社)などによると、ニューヨーク市議会女性人権委員長のロリー・コンボ議員などが8日(現地時間)、ニューヨーク市庁で記者会見を行い、慰安婦決議案上程を宣言する予定だ。

  報道によると、決議案は2007年米国下院議員で通過した決議案を支持し、今後ニューヨーク市議会が継続して関心を傾けながら教育に努めるという内容が含まれている。

  これに先立ち、米国下院は2007年に日本政府の公式謝罪を要求して歴史教育の重要性を盛り込んだ内容の決議案を通過させたことがある。米国大都市のうち、慰安婦と関連して決議案採択を推進するのはシカゴとサンフランシスコに続きニューヨーク市が3番目となる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事