映画『鬼郷』、公開初日15万4千人観覧 何が少女を地獄に送ったか

映画『鬼郷』、公開初日15万4千人観覧 何が少女を地獄に送ったか

2016年02月25日16時26分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『帰郷』
  映画『鬼郷』が公開初日に15万人を越える観客を動員し、ボックスオフィス1位に躍り出た。

  25日、映画振興委員会統合電算網の集計によると、『鬼郷』は24日一日で15万4728人(午前9時基準)を動員して『デッドプール』をおさえてボックスオフィス1位に名前を入れた。座席占有率は42.5%で、昨年1300万観客を動員した『ベテラン』の公開初日の座席占有率と渡り合う高い数値を記録した。

  『鬼郷』は公開初日に全国507個のスクリーンで2114回上映された。これは同日、13万8057人が観覧してボックスオフィス2位に入ったハリウッドのエンターテインメント映画『デッドプール』のスクリーン数(723個)と上映回数(3635回)を考慮すると非常に良い成績だ。公開二日目の25日午前9時現在でも、『鬼郷』のリアルタイム前売り率は27.3%で圧倒的だ。

  これは公開前の高い前売り率で『鬼郷』を応援した観客の力が生み出した奇跡だ。旧日本軍慰安婦の実話を描いた『鬼郷』は、クラウドファンディングから製作費の半分程度を調達してようやく制作にこぎつけた。公開前に後援者を対象に行われた数回の試写会を通じて映画が口コミで広まり関心が高まり始めた。巨大配給会社の映画ではないため公開映画館の確保も困難を極めたが、観客の関心が前売り率1位につながり、これが結局劇場の扉を開くことになった。

  一方、『鬼郷』はチョ・ジョンネ監督が14年間の構想の末に完成した映画で、2002年チョン監督が元慰安婦が暮らす後援施設「ナヌムの家」のボランティア活動をしているときに出会った被害者の姜日出(カン・イルチュル)さんの経験談を描いた作品だ。日帝強制占領期間末期の1943年、理由もよく分からないまま日本軍によって連れて行かれて家族の懐を離れなければならなかった14歳の少女チョンミン(カン・ハナ扮)をはじめ、少女の悲しい物語を描いている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事