米前国務次官「金正恩は金正日より残虐…北、国でなくカルト集団」

米前国務次官「金正恩は金正日より残虐…北、国でなくカルト集団」

2016年02月19日08時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
シャーマン米前国務次官
  米国の北朝鮮核問題交渉の責任者だったウェンディ・シャーマン前国務次官が「北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は金正日(キム・ジョンイル)総書記よりも残虐だ」と述べたと、日本の毎日新聞が18日報じた。日本を訪問中のシャーマン氏は前日のインタビューで、「金総書記は我々との交渉に臨もうとしていたが、(金第1書記は)そのような気配もない」とし、このように話した。

  シャーマン氏は昨年夏にイランとの核交渉に出席した経験に基づき、「イランは国際社会とのつながりがあったし、国として機能しているが、北朝鮮は国というよりもカルト集団だ。北朝鮮相手の交渉の方がはるかに厳しいものがある」と困難を吐露した。

  中国が国連安全保障理事会の新しい北朝鮮制裁に消極的であることについては、「鍵を握るのは中国だ。北朝鮮に対する資源供給(を縮小する)など多くの手段を握っている」と述べ、強力な制裁に積極的な姿勢を見せることを促した。

  シャーマン氏は17日、日本記者クラブで開いた記者会見では、北朝鮮の長距離ミサイル発射に関し「成否が問題ではない。実験を重ねることで能力向上につながるので許せない」と強調した。オバマ政権の北朝鮮政策については「冷静に対応することと無関心であることは同じではない。北朝鮮がどのように動こうと、米国は自国と同盟国を守るための選択肢を持ち続けている」と話した。

  これに先立ちシャーマン氏はVOA(ボイス・オブ・アメリカ)のインタビューでも北朝鮮を批判した。「金正恩第1書記は危険で挑発的な行動を通じて得たものはないと考える」とし「得たものがあるとすれば国際社会の関心を引いたという程度」と述べた。また「ワシントンは非核化をテーマに北朝鮮と対話を再開する準備ができている。ただ、北朝鮮は真摯に対話をする準備ができていない状況」と話した。「中国は北朝鮮体制が揺れたり崩壊することを憂慮し、てこを使って北朝鮮に圧力を加えることをためらっている」とし「すべての関連国がこの問題をめぐり中国と真摯に対話をしなければいけない」とも語った。

  シャーマン氏はクリントン政権当時に国務省北朝鮮政策調整官を務め、ペリー元国防長官とともに包括的北朝鮮接近方式「ペリープロセス」を出した。2000年には国務省顧問として当時のオルブライト国務長官とともに訪朝し、金正日総書記に会っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事