【コラム】平壌共和国と「ヘル朝鮮」(2)

【コラム】平壌共和国と「ヘル朝鮮」(2)

2016年01月27日13時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  脱北は答にならないだろうか。金儲けのために中朝国境を越えたりソウルに行くのはさらに考えにくくなったという。4年前に金正恩体制が発足し脱北者に対する取り締まりが厳しくなった。会寧住民は「あちこちに設置された渡河防止用カメラがいちばん恐ろしい」と話した。動線を追跡し手助けした人まで捕まえるという。最近では川の水中にも特殊感知器を設置したといううわさまで出回っているという話だ。中国も鉄条網を細かくして取り締まり網を強化した。昨年韓国に入国した脱北者数は20年ぶりに月平均100人未満に減ったのもこうした事情のためという。統一部の集計によると金正恩執権直前の2011年に2900人だったのが半分になった。会寧の住民は「金正恩が出てきてから生活が改善され脱北が減ったというのはここの実情を知らずにでたらめを言っているもの」と話した。ソウルに行くのは二の次で、中朝国境への道が閉ざされているという話だ。

  こうした実状は北朝鮮の官営宣伝媒体が主張してきた姿と大きな違いがある。執権5年目に入った金正恩第1書記は平壌(ピョンヤン)に年間を通して稼動が可能なウォーターパークを作った。乗馬クラブとゴルフ場が作られ、江原道元山(カンウォンド・ウォンサン)近くには12個のスロープを持つ馬息嶺(マシクリョン)スキー場を作った。平壌の大同江(テドンガン)のほとりに昨年11月に完工した高さ210メートルの銀河住商複合マンションは2015年までに世界で建設された高さ200メートル以上の建物106件のうち71位になったというのが外信報道だ。

  これらすべてが労働党と軍部、外貨稼ぎ機関などに従事する核心階層だけに向けた施設だ。2400万人の北朝鮮の人口のうち彼らは6万人水準。4人家族基準で計算すると24万人が富と権力を握る受恵層というのが韓国関係当局の分析だ。平壌に居住するエリート層と労働党幹部が主軸だ。これら1%が支配する「平壌共和国」を除いた北朝鮮の地はそれこそ「ヘル朝鮮」だ。地獄を意味する「ヘル」と北朝鮮の国号である朝鮮民主主義人民共和国の出会いだ。

  金正恩第1書記は4年前の初の公開演説で、「人民が再びベルトを引き締めずに社会主義の富貴栄華を享受できるようにする」と公言した。だが、診断だけで処方はこれまで出せずにいる。核保有と経済開発の2匹のウサギを捕まえるという「経済・核並進路線」も提示した。54年前に祖父の金日成(キム・イルソン)が掲げた経済・国防並進路線のコピー版だ。見通しは明るくない。彼我の区別もできず国際社会を狙い核で賭けを行う彼の前に待つのは深く掘られた前轍だけという点からだ。北の住民たちの疲れ切った越冬を癒やす救いの手はとても遠く見える。

  イ・ヨンジョン統一文化研究所長

【コラム】平壌共和国と「ヘル朝鮮」(1)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事