MERS変異ないといったのに…韓国で変異を公式確認

MERS変異ないといったのに…韓国で変異を公式確認

2016年01月08日16時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年韓国を襲ったMERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスが国内で変異していた事実が初めて公式に確認された。ウイルスの変異があったということは伝播力と致死率が増幅される可能性を見せている。

  疾病管理本部は昨年、MERSの診断を受けた患者8人から採取した喀痰(かくたん)を利用してMERSウイルスの表面の糖たん白質の遺伝子を分析した結果、このような変異が観察されたと8日明らかにした。これは防疫当局の公式の立場をくつがえすものだ。流行当時の昨年6月18日に防疫当局は世界保健機構(WTO)との共同調査を通じて韓国で流行したMERSコロナウイルスは中東で流行したものと同じようなもので変異はないと発表していた。

  研究結果によれば国内のMERS患者の1・2・9・10・12・13・15人目の検体を中東で流行したMERSコロナウイルスと比較すると全体の糖たんぱく質の8つの部分で塩基の変異があったことが発見された。このうち4つではアミノ酸の変異も確認された。動物細胞で増殖させたウイルスでも変異が確認された。

  研究チームは論文で「今回の研究で明らかになった遺伝子の変異はこれまで報告されなかったもの」としながら「2015年当時、国内にMERSコロナウイルスが流行する間に遺伝的変異が増えた可能性を示す結果」と評価した。ただし研究チームは「変異が結果的にMERSの感染拡散にどのような影響を及ぼしたのかは結論を出すのが難しい」という意見も出した。

  今回の研究結果は米疾病対策センター(CDC)が発行する国際学術誌(EmergingInfectious Diseases)の1月号で発表された。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事