<野球>KBO、「賭博容疑」の林昌勇・呉昇桓にシーズン50%出場停止の懲戒処分

<野球>KBO、「賭博容疑」の林昌勇・呉昇桓にシーズン50%出場停止の懲戒処分

2016年01月08日13時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
林昌勇(イム・チャンヨン)と呉昇桓(オ・スンファン)。(写真=中央フォト)
  韓国野球委員会(KBO)が、海外遠征賭博の疑いを受けている林昌勇(イム・チャンヨン、40)に対して復帰時シーズンの50%出場停止の懲戒処分を出した。同様の嫌疑を受けている呉昇桓(オ・スンファン、34)も懲戒対象に含まれた。

  KBOは8日午前、野球会館の会議室で賞罰委員会を開いて2時間を超える会議を行った。賞罰委はKBO規約151条3項に基づいて懲戒処分を確定した。

  林昌勇と呉昇桓がKBO所属球団と契約を結ぶ場合、該当所属の球団がシーズンの50%以上をこなすまで試合にでることはできない。フューチャーズリーグ(2軍)の試合も含まれる。サムスンライオンズには選手団の管理不届きの責任を問い制裁金1000万ウォンを賦課した。

  林昌勇と呉昇桓は香港・マカオで海外遠征賭博をした疑いで先月30日に罰金700万ウォンで略式起訴された。

  昨年11月末にサムスンから放出された林昌勇にひとまず選手復帰の道は開かれた。林昌勇は昨年33セーブを記録、セーブ1位に上がった。球威だけみればまだ現役として十分活躍できるが、世論などに照らし合わせてみると林昌勇の獲得に乗り出す球団が出てくるかは未知数だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事