<朴大統領12.21改閣>「検証」で経済副首相候補が複数回変わる

<朴大統領12.21改閣>「検証」で経済副首相候補が複数回変わる

2015年12月22日16時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【写真】経済副首相兼企画財政部長官候補者に指名された柳一鎬氏(セヌリ党議員)が21日、国会議員会館事務所で取材陣の質問に答えている。この日、柳氏は宋彦錫(ソン・オンソク)企画財政部2次官と面談した。
  朴槿恵(パク・クネ)大統領が21日、2016年総選挙用の「部分改閣」を行った。執権4年目の内閣は黄教安(ファン・ギョアン)首相-柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相-李俊植(イ・ジュンシク)社会副首相の3角ラインに決まった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)が先月12日、「当分の間、改閣はない」と言及してから39日ぶりのことだ。改閣時期が当初の予想よりもずれ込んだのは、朴大統領がそれだけ悩んだ結果だという。また、「労働改革法案と経済活性化法案の年内処理が不透明」という変数まで重なり、改閣は年末まで引き延ばされるという見方も出ている。

  しかし、朴大統領はこの日、予想に反して突然の発表を行った。国会の人事聴聞会にかかる時間や総選挙を控えた公職者の辞退期限(来年1月14日)などを無視したまま法案処理だけに取り掛かることはできないと青瓦台参謀は説明した。朴大統領はこの日の朝に発表指示を行ったが、核心参謀もこの時になって初めて知ったという。特に、総選挙に出馬する長官たちの「わめき声」は朴大統領にも伝わってたという。与党高位関係者は、「党内競争を経なければならない地域区の事情が厳しい長官たちは、ことあるごとに青瓦台に改閣はいつかと尋ねるほど焦っていた」と伝えた。

  12・21改閣の最大の特徴は、ことし10月19日に総選挙出馬を希望して国道交通部長官を辞任した柳氏を経済副首相として辞任後2カ月で再起用したという点だ。野党の新政治民主連合が「リサイクル人事」「回転ドア人事」と批判するほどだ。

  人事業務に関与する青瓦台の複数の人物は、経済政策の連続性を考慮した人選であることを強調した。柳氏は国会議員だが租税財政研究院長を務めた親朴系経済専門家だ。柳氏は、第18代国会時に保健福祉委員会と企画財政委員会で朴槿恵大統領と共に常任委員活動を行った。特に、企画財政委員会時代には、席が「カナタ順(日本語のあいうえお順に相当)」に配置されて朴大統領の隣の席に座った。朴大統領は、当時、柳氏の専門性と性格に注目していたという。

  青瓦台高位関係者は、「朴大統領が最も気を配った部分は、労働改革法案と経済の活性化法案処理はもちろん、政府がこれまで力を入れて推進してきた4大改革(労働・金融・教育・公共部門)の完遂」とし「このため変化よりも安定を選んだ」と話した。この関係者は、「柳氏の場合、国会との関係を考慮して選ばれた側面が大きい」とも述べた。

  経済副首相の人選は期日が過ぎて有力候補が複数回変わったという。柳氏は、初期の段階で集中的に検討されたが、国土部長官を辞めてからそれほど経ってないという点から保留になったという。しかし、適任者を見つける作業が難航し、再検討の対象となった。政府の核心関係者は「経済副首相候補は知られているよりも多くの人たちが検討された」とし「しかし、禹柄宇(ウ・ビョンウ)民情首席が主導した検証には通過できなかったと聞いている」と述べた。この関係者は、「初期に有力候補だった任鍾龍(イム・ジョンリョン)金融委員長の場合、早くから金融改革を継続して任せようと話がまとまっており、適任者がいなかったため柳氏に再度視線が集まった」と説明した。一方、社会副首相候補の李氏、行政自治部長官候補の洪允植(ホン・ユンシク)氏、女性家族部長官候補の姜恩姫(カン・ウンヒ)氏は、先月初めに早々と有力候補に指名された。

  朴大統領はこの日、任期が満了した李晟補(イ・ソンボ)権益委員長の後任として法務法人太平洋顧問弁護士の成永フン(ソン・ヨウンフン)氏(55)を内定した。また、一身上の都合で辞意を明らかにした金景梓(キム・キョンジェ)広報特別補佐官と林鍾仁(イム・ジョンイン)安保特別補佐官を解職した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事