中国側の引き止めも牡丹峰楽団帰国…公演チケットは一時190万ウォンに

中国側の引き止めも牡丹峰楽団帰国…公演チケットは一時190万ウォンに

2015年12月14日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
王家瑞前中国中央対外連絡副部長が乗った紅旗乗用車が12日午後4時53分(現地時間)、北京民族ホテルを去っている。王前部長は池在竜(チ・ジェリョン)駐中北朝鮮大使と牡丹峰(モランボン)楽団公演問題について話し合ったことが分かった。右側は池在竜駐中北朝鮮大使のベンツ。
  「我々も残念だ」。12日午後6時ごろ、北朝鮮牡丹峰(モランボン)楽団の宿舎である北京民族ホテルで帰国の準備をしていた北朝鮮側関係者の言葉だ。中国政府機関の関係者は現場を見守りながら、「今回の公演はようやく訪れた機会だったのに非常に残念だ」と述べた。

  牡丹峰楽団の北京公演が突然取り消しになった12日の一日を振り返ると、朝から宿舎の雰囲気はおかしかった。北京到着後2日間は特別な警備がなかったのとは違い、3日目のこの日は中国公安の関係者が並び、駐車場には中国高位層のものとみられる黒の官用車が多かった。朝から共産党対外連絡部をはじめとする中国側当局者がホテルで北側の幹部を説得していたということだ。

  正午に玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長とともに軍服姿の女性団員14人が荷物を持って外に出てきた後、乗用車に分かれて乗り、宿舎を離れた。数人の国内外の記者が車で団員らを追った。公演予定時間(この日午後7時30分)までまだ時間があったからだ。50分ほど過ぎた後、団員らは首都国際空港に降り、対外連絡部の職員3、4人とともに出国場に入った。この日昼12時55分出発予定の高麗航空JS152便が待機していた。公演の進行に支障が生じたのは間違いなかった。しかし男性中心の功勲国家合唱団は午後2時ごろ、国家大劇院の南門を通じて公演会場に入場した。

  宿舎では依然として朝中間でもめていた。双方の関係者が時々出入りする中、北朝鮮通の王家瑞政治協商会議副主席の姿も見られた。10月の劉雲山常務委員の平壌(ピョンヤン)訪問に同行し、先月25日まで12年間にわたり対外連絡部長として在職した王家瑞副主席は、今回の公演を成功させた主役であり池在竜(チ・ジェリョン)駐中北朝鮮大使と親しい。

  高麗航空JS152便はこの日午後4時7分に離陸したことが確認された。予定より3時間以上遅れた。朝中の話し合いが行われている間、団員が搭乗した状態でも、予定通りに公演を行う可能性を残しておいたということだが、離陸とともに可能性は消えた。その間、公演会場に入場した合唱団員も撤収し、公演用の資機材も片付けられた。公演の関係者に問い合わせると、「公演が取り消しになったのは事実。理由は話せない」と述べた。直後に中央日報の速報で取り消しが最初に伝えられ、中国と日本のメディアも報じた。この日午後4時50分ごろ、険しい表情でホテルのロビーに降りてきた王副主席は、取材陣の接近を防ぎながら急いで乗用車に乗った。ホテルに残っていた北朝鮮側関係者と男性合唱団員は午後8時ごろ、北京駅に入り、列車で帰国した。

  公演が取り消しになると、すでに劇場に来ていた観客は失望感を表した。中国国営メディアの記者は「2時間後に公演が始まる。興奮する」というコメントを「微博(ウェイボ)」に載せると、「記者がまだ公演がキャンセルになったことも知らないのか」という反応があった。

  牡丹峰楽団に対する大きな関心からダフ屋も登場した。記者が公演会場の入口に近づくと、ある中年女性が近づいてきて「1階の前の良い席がある」と言いながら1万元(約20万円)を要求した。『なぜそんなに高いのか』と尋ねると、『実名制なのでチケットを手に入れるのが本当に難しい」と話した。遠い木の陰に連れていって見せた入場券には「他人譲渡禁止」という意の中国語(請勿転譲)が書かれていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事