ナヌムの家「『帝国の慰安婦』起訴批判、被害女性の苦痛知らない」=韓国(1)

ナヌムの家「『帝国の慰安婦』起訴批判、被害女性の苦痛知らない」=韓国(1)

2015年12月04日09時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  慰安婦被害者支援施設ナヌムの家は3日「検察が『帝国の慰安婦』著者である朴裕河(パク・ユハ)世宗(セジョン)大学教授を起訴したのは、朴教授の『不正確な意見』のためではなく『事実と違った歪曲された表現』のため」と明らかにした。ナヌムの家側はこの日、見解説明の資料を出して「今回、朴教授に対する起訴について学問的なものさしで反対するのは、元慰安婦女性が体験している苦痛に対する認識が欠如したもの」としながらこのように強調した。

  朴教授が書いた学術書『帝国の慰安婦』は、関係者の証言などを基に慰安婦問題を分析した。ナヌムの家に住む被害女性たちは、朴教授が本に「日本人・朝鮮人・台湾人の『慰安婦』の場合、『奴隷』的でもあっても基本的には軍人と『同志』的な関係を結んでいた」、「慰安婦というのは根本的には売春の枠組みの中にいた女性たち」、「自発的に行った売春婦」などの表現を使って侮辱されたとして名誉毀損で昨年検察に告訴した。検察は先月、朴教授を起訴した。

  これに対し朴教授は2日、記者会見を行って「私の本が元慰安婦女性を批判したり蔑視したりする理由がない」と明らかにした。まもなく学界・文学界・文化系・言論界・法曹界の要人ら192人が署名した「『帝国の慰安婦』の刑事起訴に対する知識人の声明」が発表された。これらは「検察起訴が市民の思想と表現の自由を制限しても関係ないという反民主的慣例を生むだろう」と批判した。これに対しナヌムの家が翌日ただちに見解を出したのだ。

  ナヌムの家側は「被害者女性たちは朴教授が表明する意見や歴史観に、同意はしなくてもこれを問題視することはない。思想と表現の自由が存在するため」としながら「今回も朴教授の意見が間違っているからと問題視して刑事告訴したのではない」と説明した。引き続き「問題は、朴教授の本が被害者女性たちが体験した慰安婦の人生をまともに表現できていなかったりひどく歪曲したりして被害女性たちが自分たちの名誉がひどく傷つけられる苦痛にあったこと」と話した。「知識人の声明書で、韓国検察と朴裕河という2つの主体を中心に両極端に分けているのは事案の本質を完全に見逃したものだ。今回の事案の本質は、果たして朴教授が事実と違う表現をしておばあさんの名誉を傷つけているかどうか」としながらだ。

ナヌムの家「『帝国の慰安婦』起訴批判、被害女性の苦痛知らない」=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事