100メートル韓国記録を31年間保持した「陸上伝説」が死去

100メートル韓国記録を31年間保持した「陸上伝説」が死去

2015年12月01日18時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
1979年6月の全国陸上大会200メートルで当時の韓国新記録(21秒10)をマークした徐末九(ソ・マルグ)教授。(中央フォト)。
  韓国の男子短距離陸上スターだった徐末九(ソ・マルグ)海軍士官学校教授が30日午前、死去した。享年60歳。2012年12月に脳出血で倒れ、闘病を続けてきた徐教授は、現場復帰に強い意欲を持ってリハビリを続けてきたが、心不全で倒れた後、目覚めることはなかった。

  徐教授は韓国陸上男子短距離の象徴だった。徐教授は1979年9月のメキシコユニバーシアード陸上男子100メートルで10秒34をマークし、韓国記録を更新した。この記録はなんと31年間も破られなかった。2010年6月の全国陸上競技選手権大会でキム・グギョン(24、光州広域市庁)が10秒23をマークするまで、徐教授の記録は韓国陸上短距離の停滞した現実を表す壁として認識されてきた。生前、徐教授は自分の記録が破られないことについて、「新聞に自分の名前が度々出てくるのは喜べることではない。後輩がもっと激しく走ることを願う」と奮発を促した。

  1955年に蔚山(ウルサン)で生まれた徐教授は蔚山高1年だった72年、学校体力測定の100メートル走で全校1位になった後、教師の勧めで陸上を始めた。74年に忠清北道清州(チョンジュ)で開かれた全国大会で11秒1をマークして1位となり、韓国代表候補に選ばれた徐教授は、78年のバンコクアジア競技大会で3位となり、国際大会でも頭角を現した。メキシコユニバーシアードで100メートル韓国最高記録をマークした徐教授は82年に現役を引退し、母校の東亜大で陸上部のコーチを務めた。

  徐教授は84-87年、プロ野球のロッテ・ジャイアンツでトレーナーとして活動した経験も持つ。当時ロッテの選手だったキム・ヨンヒSK監督(60)は「陸上の練習技法を野球選手に取り込んでスピードを高め、けがを減らす方法などを教えた」と振り返った。87年に海軍士官学校教授に任用された徐教授はトレーニング方法論を講義し、2008年に陸上代表チームの総監督を引き受けるなど旺盛な活動をしてきた。

  陸上200メートル韓国記録(20秒41)保持者のチャン・ジェグン華城市庁監督(53)は「故人は考えがはっきりしていて、陸上の発展のために苦言もためらわなかった。韓国陸上史に残る方が突然亡くなり胸が痛む」と語った。

  遺族は夫人と息子、娘。斎場は盆唐(ブンダン)チャ病院葬儀場特室。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事