<UFC>秋山成勲「韓国での試合は気持ち的にとても楽」

<UFC>秋山成勲「韓国での試合は気持ち的にとても楽」

2015年11月26日16時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
総合格闘技団体UFCの「ファイトナイト・ソウル大会(UFC FIGHT NIGHT SEOUL)」メディアデーが26日、ソウル江南区(カンナムグ)のインターコンチネンタル・ソウルのCOEXダイアモンドホールで行われた。秋山成勲がポーズを取っている。
  異種格闘技選手の秋山成勲(韓国名チュ・ソンフン、40)がUFCファイターとしてカムバックする。

  秋山成勲は26日、ソウルで開かれる「UFCファイトナイト・ソウル」メディアデーに参加し、大会に臨む覚悟を明らかにした。

  秋山成勲(14勝5敗2無効)の相手は同じ柔道選手出身のアルバート・ミナ(11勝無敗・ブラジル)。秋山成勲は対戦相手について「同じ柔道選手には負けられない。打撃戦が勝負を決めるだろう」と明らかにした。

  韓国での試合がプレッシャーになるのではないかとの質問に、「韓国での試合は気持ち的にとても楽だ。ここで柔道や格闘技競技をした経験がある。そのたびごとに『家に戻ってきた』という感じだった」と伝えた。

  続いて「韓国での初めてのUFC大会だ。このままでは終わってはならない。韓国選手みんなが勝たなければならない。そして2回目、3回目、もっといって5回目まで大会が開かれるようにしなければならない」と強調した。

  一方、「UFCファイトナイト・ソウル」は28日午後6時からソウルのオリンピック公園体操競技場で開かれる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 総合格闘技団体UFCの「ファイトナイト・ソウル大会(UFC FIGHT NIGHT SEOUL)」メディアデーが26日、ソウル江南区(カンナムグ)のインターコンチネンタル・ソウルのCOEXダイアモンドホールで行われた。秋山成勲がポーズを取っている。
  • 総合格闘技団体UFCの「ファイトナイト・ソウル大会(UFC FIGHT NIGHT SEOUL)」メディアデーが26日、ソウル江南区(カンナムグ)のインターコンチネンタル・ソウルのCOEXダイアモンドホールで行われた。秋山成勲がポーズを取っている。