韓国検察、チェ・ホンマンを詐欺疑惑で不拘束起訴

韓国検察、チェ・ホンマンを詐欺疑惑で不拘束起訴

2015年11月12日10時49分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
チェ・ホンマン
  異種格闘技選手のチェ・ホンマン(崔洪万)が知人から巨額の金を借りた後、返済しなかった容疑(詐欺)で起訴された。

  ソウル東部地検は詐欺疑惑でチェ・ホンマンを不拘束起訴したと11日、明らかにした。検察によると、チェ・ホンマンは2013年12月27日にマカオでAさん(36)から1億ウォンを、昨年10月28日にはBさん(45)から2550万ウォンをそれぞれ借りた後、返済しなかった容疑がもたれている。

  先立ってチェ・ホンマンはソウル地方警察庁広津(クァンジン)警察署に出席し、「詐欺ではない」としながら「Aさんには1800万ウォン、Bさんには500万ウォンを返した」と明らかにしたことが分かっている。

  検察関係者は「被害者と合意した点を勘案して不拘束起訴した」とし「一部は返済するなど合意も進んだが詐欺容疑に対しては確認された以上、処罰を受けることになるだろう」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事