済州第2空港、城山日出峰から10分の距離に建設

済州第2空港、城山日出峰から10分の距離に建設

2015年11月11日08時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  済州島(チェジュド)に空港がもうひとつ誕生する。韓国政府の計画がそのまま実現すれば、2025年に西帰浦市(ソグィポシ)に空港が開港する。国土交通部は10日、利用客の増加で近く済州空港の受け入れ能力が限界に直面すると判断し第2空港の建設を決めたと発表した。西帰浦市新山里(シンサンリ)一帯に建設される新空港の面積は約495万平方メートルで、済州市の済州空港の約360平方メートルより広い。長さ3.2キロメートル、幅60メートルの滑走路1本が作られる。国土交通部は「既存の空港を閉鎖して新空港を作るよりも環境への影響が少なく、相対的に工事費(推定4兆1000億ウォン)も抑えられるため第2空港の新設を選んだ」と話した。城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)から車で約10分の距離にある新山里地域は済州空港から南東に40キロメートルほど離れており航路が重ならない。近隣地域に比べ居住者の数が少ないことも国土交通部の選択に影響を及ぼした。

  済州空港の利用客は2005年の1135万人から昨年は2320万人に急増した。国土交通部によると2018年に2830万人、2020年には3211万人に増える見通しだ。国土交通部のナ・ウンジン空港政策課長は、「2018年には済州空港が飽和状態になる。年末に予備妥当性調査を経て設立基本計画をまとめる」と話した。

  韓国政府は済州空港拡張、済州空港閉鎖後に新空港建設などの別の案も検討した。済州空港を拡張するには海側を埋め立てなければならないが、環境破壊問題は避けられない。また、新空港建設は工事費負担が大きい。済州島の住民らは政府の決定を概ね歓迎している。観光がさらに活性化し雇用が増えるという点からだ。済州道の元喜竜(ウォン・ヒリョン)知事は、「済州空港拡充計画を積極的に歓迎する」と明らかにした。だが、空港が建設される新山里周辺の住民らは不満を示している。新山里のヤン・ジェボン里長は、「騒音が激しくなり生活に不便を与えかねない事案なのに政府は住民の意見を聞かずに突然発表した」と話した。済州市の済州空港周辺の商人も懸念を表明した。中国人観光客が多く訪れる済州市蓮洞(ヨンドン)の宝健通り商人会のシン・エボク会長は、「空港が2つに分かれればお客が減り高い賃貸料に払えなくなる可能性もある」と話した。

  済州島の第2空港建設確定で嶺南(ヨンナム)圏新空港建設推進にも影響を与えるとの見通しが出ている。予算負担のため2カ所で同時に空港建設を進めるのは困難という点からだ。これに対し南部圏新空港汎市道民推進委員会のカン・ジュヨル委員長は、「済州第2空港と南部新空港は別個だ。むしろ航空需要が増加しているという点を示しており、南部圏新空港の推進にも弾みが付くだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事