黄炳瑞は4→3位、金己男は7→5位…また変わった北朝鮮の権力序列

黄炳瑞は4→3位、金己男は7→5位…また変わった北朝鮮の権力序列

2015年11月10日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の権力集団の序列がこの16カ月間に大きく変わった。7日に死亡した李乙雪(イ・ウルソル)人民軍元帥国家葬儀委員会委員173人と昨年7月の全秉浩(チョン・ビョンホ)労働党軍事担当書記葬儀委員89人を比較した結果だ。葬儀委員の順序が必ずしも権力序列を意味するわけではないが、名簿の順序が権力序列に近いというのが北朝鮮専門家らの説明だ。

  鄭成長(チョン・ソンジャン)世宗研究所統一戦略研究室長は「北が発表する国家葬儀委の名簿は核心エリートの職責変動を把握するうえで非常に重要な資料」と述べた。労働新聞によると、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の最側近の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)総政治局長は今回の李乙雪葬儀委員の名簿で3位だった。昨年は4位だった。朴奉珠(パク・ボンジュ)首相が4位で、粛清説が出ていた金己男(キム・ギナム)労働党宣伝担当書記はむしろ7位から5位に上昇した。最近、金正恩の現地指導に何度か随行している崔泰福(チェ・テボク)党書記も8位から6位に、金養建(キム・ヤンゴン)党書記も16位から14位に序列が上がった。

  このほか序列が上がった人物は楊亨燮(ヤン・ヒョンソプ)最高人民会議常任委副委員長(11→9位)、姜錫柱(カン・ソクジュ)国際担当書記(12→10位)など。一方、李永吉(イ・ヨンギル)総参謀長(5→8位)は序列が落ちた。

  昨年5月の平壌(ピョンヤン)マンション崩壊事故で一時降格された崔富日(チェ・ブイル)人民保安部長は18位に上がり、金正恩の再信任を受けているという分析が出ている。粛清されたと知られていた韓光相(ハン・グァンサン)元党財政経理部長の名前も葬儀委員の名簿に含まれた。しかし名前は党中央委第1副部長よりかなり下の86位で、降格説が説得力を持つ。北朝鮮の党中央委部長は韓国長官級、副部長は次官級に該当する。

  葬儀委員名簿から抜けて粛清された可能性がある人物もいる。崔竜海(チェ・ヨンヘ)党書記と崔竜海と同じく抗日パルチザン2世代の呉日晶(オ・イルジョン)党軍事部長の名前が名簿に見られなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事