女優ユン・ソナ、ドラマ『六龍が飛ぶ』撮影中に顔面麻ひで休息…復帰は?

女優ユン・ソナ、ドラマ『六龍が飛ぶ』撮影中に顔面麻ひで休息…復帰は?

2015年10月14日08時47分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
女優のユン・ソナ
  女優ユン・ソナが顔面麻ひ症状が出て休息を取っていた事実が遅れて伝えられた。

  SBS(ソウル放送)ドラマ『六龍が飛ぶ』製作会社側は13日午後、韓国の日刊スポーツの取材に対して「ユン・ソナはドラマ撮影中に、突然、顔面麻ひ症状が現れて休息を取った。現在は良くなったと承知している。しかし、もうしばらく休むほうが良いと判断して来週の撮影から復帰することになった」と伝えた。

  ユン・ソナは『六龍が飛ぶ』でチョヨン役を演じている。

  チョヨンは商団の大方であり権門勢族との間で重要な情報を売り買いする商人で、タンセ(ピョン・ヨハン扮)の恋人であり鄭道伝(チョン・ドジョン、キム・ミョンミン扮)の恋人であるヨニ(チョン・ユミ扮)を第一の黒幕に育てる人物だ。

  一方、『六龍が飛ぶ』は現在、毎週月・火に放送されている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事