中国常務委員、中国烈士陵訪れ「烈士外交」

中国常務委員、中国烈士陵訪れ「烈士外交」

2015年10月13日10時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮労働党創建70周年記念行事に参加するため北朝鮮を訪れた劉雲山中国共産党政治局常務委員が、朝中関係回復のため「烈士外交」を繰り広げた。両国の血盟関係を刺激して行き詰った朝中関係を改善しようという中国特有の外交のやり方だ。

  劉常務委員は11日午前、平壌(ピョンヤン)から70キロ離れた平安南道安州市(ピョンアンナムド・アンジュシ)の史元厚(シウォンフ)山につくられた中国人民支援軍の烈士陵園を参拝した。北朝鮮訪問代表団と在北朝鮮中国大使館の職員、北朝鮮内の華僑代表、中国人留学生ら200人余りと一緒だった。陵園には韓国戦に参戦して亡くなった中国人民支援軍1156人の遺灰が埋まっている。この山の名前は1953年12月、水に落ちた北朝鮮の子供を救おうとして犠牲になった中国軍兵士の名前を取ったものだ。

  劉常務委員は記念の演説で「ここは両国の友情を証明する重要な施設だ。英雄と烈士を記念して歴史を記憶することは平和の大切さを悟らせて未来を切り開くためのもの」と強調した。

  前日、劉常務委員は平壌にある祖国解放戦争勝利記念館を訪れた。ここには6・25韓国戦争(朝鮮戦争)当時の中国軍の戦争関連資料などが展示されている。劉常務委員は展示館の見学に先立ち芳名録に「烈士の維持を継承して共に輝かしい未来を建設しよう(継承先烈遺志共創美好未来)」という文を残した。6・25当時に共に戦った血盟関係を忘れずに友好を強化しようという意味だ。

  彼は記念館見学の多くの時間を中国人民志援軍の展示館に費やした。ここには戦争当時に中国軍司令官だった彭徳懐と、毛沢東の長男で戦死した毛岸英らの戦争での活躍の姿を入れた写真が展示されている。彭司令官のロシア通訳として参戦して1950年11月に米軍の爆撃で死亡した毛岸英は平安南道桧倉郡(フェチャングン)の中国人民志援軍烈士陵園に眠っている。劉常務委員は4日間の北朝鮮訪問の日程を終えて12日中国に戻った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事