<野球>韓国型マイナーリーグ成功時代(1)

<野球>韓国型マイナーリーグ成功時代(1)

2015年09月16日15時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2011年に設立されたNCダイノスは今季プロ野球1軍リーグで2位、2軍は中部リーグで優勝した。(写真=NCダイノス)
  韓国初の独立野球団だった高陽ワンダーズが昨年11月に解散した。しかし彼らがホーム球場として使用していた高陽球場は活力を失っていない。「情熱から機会を」というワンダーズのキャッチフレーズが書かれた横断幕が撤去された場所には「思いっきりいこう」という言葉が登場した。プロ野球NCダイノスのスローガンだ。

  慶尚南道昌原(チャンウォン)を縁故地とするNCは当時、野球場新築問題で頭を悩ませていた。縁故地にフューチャーズ(2軍)チームが使用する球場を確保できなかった。サムスンの第2球場である浦項(ポハン)球場を使用したが、これは臨時使用だった。ちょうど高陽市はワンダーズに代わる野球団を探していた。双方の希望が一致し、高陽球場にNCのフューチャーズチームが入った。NCはフューチャーズチーム名を「高陽ダイノス」に決め、高陽市と市民に近づいた。

  高陽球場に定着した高陽ダイノスは順調にスタートした。11日に仁川で行われたSKとのフューチャーズリーグ今季最終戦で2-1で勝ち、フューチャーズ中部リーグで優勝を果たした。52勝43敗7分けの高陽は2位のSK(41勝53敗8分け)に10.5ゲーム差をつけた。

  1軍リーグのNCは15日現在、首位サムスンに2.5ゲーム差の2位。2年連続ポストシーズン進出が確定的だ。サムスンのフューチャーズチームは南部リーグ3位(44勝52敗6分け)。NCのように1軍とフューチャーズチームの成績がともに良いチームはない。現在と未来の双方を重視した結果だ。

  韓国プロ野球は1軍球団がフューチャーズリーグのチームを運営する。大企業が所有する球団は数百億ウォンを投入し、フューチャーズチームのための球場と練習施設を備えた。しかしフューチャーズチームを通じた観客動員と収益創出には関心がない。選手の育成に集中するためだ。フューチャーズチームは毎年100試合以上を行うが、観客席はがらがらだ。

  一方、米国ではメジャーリーグチームがマイナーリーグチームを所有しない。マイナーリーグチームと契約を結んで選手の育成を委託する。チームの運営と収益活動は全面的にマイナーリーグチームがする。主に中小都市に根付いたマイナーリーグの試合には数千人の観客が入る。

<野球>韓国型マイナーリーグ成功時代(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事